知らない物は見えない

2017年07月22日 00:45

ネットで予約したホテル。
予約した時点でその場所はあまりよくわかっていなかった。

行って見てビックリ。
メトロ駅のイニェボスナからすぐの場所だった。
IMG_0732_2017072106503658c.jpg
駅を背に、大通りの向かい側にホテルがある。
この場所は何回も来ているのだが、目に入る建物がホテルだと思っていなくて、見ていても、何も感じていなかった。

知らない物は見えないんだと実感した。
視覚には入ってくるけど、脳が認識しない。

メトロバスを使わなければ移動できないかと思っていたが、メトロが使えるとわかって、またまた嬉しい僕。
IMG_0206.jpg
トラムの乗り換え駅である、アクサレイに行った。
イスタンブールに着いてからクーデターやテロがあった国とは思えないと感じていた。
が、アクサレイに来て、昔との違いを見た。

駅の入り口に金属探知機が設置してあった。
やむを得ぬことなんだと思う。
IMG_5358.jpg
トラムに乗り、久しぶりにスルタンアホメット地区へ行く。


久保田ショップ


トルコでの食べ物

2017年07月20日 22:47

トルコの食事といえば、、日本人に一番馴染みが深いのはケバブだろう。
近年、日本でも多くなってきている。

が、しかし、お疲れモードの時、お肉は厳しい。
という時に、日本人に優しい食事が意外と少ない。

メトロの駅前にとうもろこし屋さんを見つけたので、一本買った。
その場で食べてもいいのだが、ホテルに持ち帰って、ビールと一緒に食べたかった。
w1338.jpg
たかが、屋台のとうもろこしだが、ビールと一緒だと格段に美味しく感じる。

各方面への取材依頼文などを作成していたらあっという間に遅い時間になってしまった。
アテネで財布をスラれた僕としては、しばらくは慎重に行動する。
ということで、ホテルのルームサービスをお願いした。
w0927.jpg
白身魚なんだけど、何故かマンゴーソース。
不思議な味だった。

近年、海外に来て、現場に行くのではなく、PCに向かう時間が長くなって来ている。
現場だけ飛び回れたらストレス少ないんだけど。。
どの現場も許可が難しくなりつつある、昨今。


久保田ショップ


懐かしいアウトレットセンターへ

2017年07月20日 02:51

今回のイスタンブールのホテル、実は懐かしいアウトレットセンターの近くだった。
近くと言っても1キロくらいあるだろうか。
アウトレットセンターが大きくて目立つのでその場所がわかった。

と、いうことで、
懐かしいアウトレットセンターへ行くことにした。
w_5152.jpg
ピースボートで上陸するしたとき、ピースボートのスタッフとダッシュでここまできて、靴を買った。
買った靴は船内で大活躍した。
w_7034.jpg
ちょっとオシャレなロファーがとても安く売っていた。
僕の足が小さいので、一番小さいサイズでも少し大きめ。
迷いに迷って、買った。
w_4667.jpg
久しぶりに行ってみると、スケートリンクができていて、ビックリ。

もう3年前だろうか、ピースボートに「水先案内人」という立場で乗船した。
トルコから日本まで40日間のロングクルーズ。

トルコでピースボートに合流する直前まで僕はイラクの最前線にいた。
無事、合流できるかどうか、ピースボートの担当スタッフには心配をかけてしまった。

そんな懐かしい思い出がるアウトレットセンター。
あの頃、トルコでクーデターやテロが起こるなんて、誰も想像していなかった。
そして、クーデターやテロが起きた後でも、イスタンブールは普通のままだった。


久保田ショップ



ファーストフードの誘惑

2017年07月19日 16:45

ホテル近くのモールにマックを発見してしまった。

ランチタイム。
カバーブもシュワルマも食べたくなく、野菜が食べたかった。

ふと見ると、マックに野菜の写真が。。
「野菜あるの?」と指差すとメニューにはないけど、ありますよ!との答え。
クーチェク(本当ななんていうか知らない)(ペルシャ語に似てた気がする)小さいのください。とオーダー。
IMG_9395.jpg
かくして、ハンバーガとポテト、コーラのセットに野菜をプラスしたランチ。

冷静に考えるとバーガーひとつ分と同じくらいのお値段の野菜はお高い。
が、どうしても、僕の体が野菜くれ〜!と叫んでいた。

ファーストフードの誘惑に負けてしまった僕でした。


久保田ショップ




イスタンブールのホテル

2017年07月19日 01:43

イスタンブールを訪れた理由が観光ではないため、次なる場所への移動も楽なように空港近くのホテルを予約した。
booking.comで探すと、時折びっくりするようなディスカウントホテルが見つかる。
そこそこ、綺麗そうだし、安いホテルを予約。
IMG_3686.jpg
到着して見てビックリ。
予想以上に良いホテル。
AK3I2857.jpg
部屋に入ってまたビックリ。
広い。
各方面への申請などをPCで行うことが多くなった昨今、デスクがあるお部屋は嬉しい。
IMG_8036.jpg
そしてテレビモニターにはウエルカムメッセージが。。。

なんとも僕には凄すぎるホテル。
フロントのレギュラープライスは一泊200€。
僕は4泊で133€で予約した。

ここまでくるとなんだかよく分からない。
イスタンブールに住む友人の話ではクーデター、テロがあって、ホテルの価格はかなり下がっているとのこと。

トルコは危険なイメージが強いが、今やイギリス、フランス、ドイツの方がテロの危険性が高いくらい。
もはや世界に安心して旅をできる国はなくなりつつあるのかもしれない。

先日booking.comからメールが届いた。
下記アドレスから友人が予約すると友人にも僕にもキャッシュバックがあるそうな。
booking.com

booking.comだから、ウソではないと思うのだが、試しに僕のFBで紹介したら、僕の友人が予約してくれたようで。
キャッシュバックがありますよ〜!というメッセージが来た。
上記アドレスから入らなきゃダメみたいですが。。
ホテル予約する必要がある人、試して見てください。

んでもって、キャッシュバックが来たら、教えてください。


久保田ショップ



最新記事