餞別

2013年05月13日 23:11

餞別とは。
旅行,転居,転任など長期の離別に当たり,別れの印として贈る金品。〈はなむけ〉ともいう。かつての旅は道中にさまざまな苦難を伴うものであったことから,餞別は単なる別れの印あるいは金銭的援助として贈られるだけでなく,大勢の者の合力によって旅の安全を願う意味も込められていた。

昔からお世話になっている近所のスタジオ。
先の予定で日本にいたら運動会の撮影をお願いしたいと頼まれていた。

海外取材が延びに延びたが、ようやく日程が決まり、運動会の撮影ができなくなってしまった。
電話ですませるのが嫌で直接スタジオに行った。

僕が20代の頃からお世話になっているスタジオスズキさん。
ご夫婦でスタジオをやっていらっしゃる。
僕は。。息子のように可愛がっていただき、いつも野菜やお土産などをもたせてくれる。

ごめんなさい、海外取材決まっちゃいました。と報告に行くと。
「久保田さん、今日は忙しい?」と聞かれ、別段予定はない旨を伝えるとお茶を出してくれた。
「写真業界にあまり未来はないけど、久保田さんは今までやってきた事を大事に今のうちにどんどん海外取材をした方が良いですよ」と言ってくれた。

前回に続き、シリアに行くと告げると、「とにかく無事に帰って来て下さいね」と封筒を差し出してくれた。
え!
「一枚しか入っていませんから、餞別です」。
いつもすいません!ありがとうございます。と受け取らせてもらった。

海外取材は経費がかさむため、赤字になる事が多い。
前回のシリアも多くの人の助けがあってようやく実現した。
毎回、皆さんに助けて下さいとは言いがたく。。

なんて話を後輩(年齢だけ)のフォトジャーナリストに話すと、「僕は恩返しできなくてもいいと思っていますよ、回り回って社会に還元できれば良いと思っています」とかっこいい事を言ってくれた。

応援してくれる人達がいるから、多少の危険があっても自分ができる取材に赴こうと思える。
いつの日か経済的にも恩返しができる日が来る事のを願いつつ。
今は皆さんの応援の手を受け取ります。

良かったら下記の久保田ショップへ


久保田ショップ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/955-d031dd51
    この記事へのトラックバック


    最新記事