写真を恐れるシリアの人々。

2013年03月10日 16:08

アサド政権の弾圧から逃れたシリア人の多くは写真を恐れる。
写真が出回る事で自分自身、そして家族がアサド政権から狙われると思っている。

ドクターや看護士、エンジニアなどの職業の人達はその傾向がとても強い。
自由シリア軍で戦う兵士は勿論だ。
そうなると取材、写真撮影がとても難しくなる。

病院で3日目を迎えた頃、ようやく僕という日本人は信用できるかもしれない。
という空気が流れ始めた。

ドクターではないが、病院に来た人が一緒に写真を撮りたい。とよって来た。
一人がくると、他の人も日本人の僕との記念写真を撮りたがるようになる。
ちょっと僕のカメラでも撮っていい?
w0063.jpg
ようやくにして、顔にぼかしを入れなくていい写真が撮れた。


久保田ショップ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/915-063c9751
    この記事へのトラックバック


    最新記事