台湾、九份へ

2012年12月24日 23:48

何度も台湾に行っているのに九份を訪れた事がなかった。
九份は千と千尋の神隠しのモデルとなった街で古い街並がキレイだと聞いた。
台北の中心部から1時間半程かかるが、湯婆婆 に会いに行く事にした。

九份行きのバスはSOGOの近くから出る。
IMG_3043.jpg
バス停らしき所に行くと地元のタクシードライバーが
「九份行きのバス停は場所が変わってしまったから乗り合いタクシーで行くしかないよ」と声をかけてきた。
あ〜ありがちな話だ。映画のモデル等で有名になった場所は日本人観光客がどっと訪れる。
九份のように郊外にあって行きにくい場所だとタクシー屋さんにとっては稼ぎやすいポイントになる。

タクシー屋さんの話はウソかと思いきやバス停を見ると九份行きのバス停は場所が変わったらしい。
地図を見ると現在のバス停からすぐの場所だった。
タクシーの値段はボッタたくりというほど高くはなかったが、やっぱりローカルのバスで行きたかった。

九份に近づくと真っ白な霧があたりを包んでいた。
海沿いの景色も素晴らしいらしいが、霧しか見えなかった。
IMG_3044.jpg
九份に到着したバス、急いでバスを降り記念写真を一枚。

台湾人の観光客に混じってそれらしい方向へ進む。
観光客の一団がお土産物屋さんの通りへ進んで行ったが、僕は駐車場下にある地元のお寺に向かった。
IMG_3048.jpg
お寺の中には陰と陽を表す不思議な仏像が
IMG_3050.jpg
天気が悪いのは残念だが、霧に包まれたお寺はまさに神隠しが起きそうな雰囲気だった。

続く


久保田ショップ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/842-dd9b40e8
    この記事へのトラックバック


    最新記事