関西青空プロジェクト

2009年06月27日 17:51

6月17日と19日の日記で京都観光の事を書いた。
あくまでも観光はついでで、本来の目的は関西青空プロジェクトという学生があらたに立ち上げた団体での基調講演とパネルディスカッションだった。
あまりの内容の深さに、筆(キー)が進まずに日記を書くのが遅くなってしまった。
IMG_3894.jpg

当日はJICAの職員、川添さん。青空プロジェクトを立ち上げた葉田さん。そして僕の3人がパネラーとなった。
国際協力のあり方をメインテーマにそれぞれが基調講演をし、パネルディスカッションをした。

休日にも関わらず会場には多くの若い人たちが集まり、受付には長蛇の列ができた。
IMG_3898.jpg
近年、これほど多くの若い人たちが集まるのを見たことがない。
いつも感じるのだが、こういう活動は西高東低。
特に京都はすごい。

基調講演はそれぞれの体験を元に国際協力のあり方を話した。
何故か僕の出番は一番最後。
前二人が時間をオーバーしつつ、それぞれの熱い想いを語った後。会場の人たちは満腹状態といっても過言じゃない。
IMG_3912.jpg

こんな状態であれこれ理論的にものを話してもとてもじゃないが理解してもらえない。
冒頭に用意しておいた言葉をすべてすてて、簡単な挨拶の後アフガニスタンで僕がやらざるを得なかった支援のVTRを見てもらった。

僕はいつものように会場の一番後ろに行き、会場の人たちがVTRのどのあたりに反応するのかを見ていた。
ありがたい事に1時間以上にわたって二人の話を聞いた後とは思えぬほどみんながVTRを見ていてくれた。

そして、VTRをうけての僕の話。
僕が取材に赴いたサマリー難民キャンプ。
当時はお金より人でが足りなかった。暴動がおこりそうな毎日。
僕は生まれたばかりの子供を病院に連れて行くことができなかった。
子供はたった20日で短い人生を終えてしまった。
会場には当時、偶然パキスタンに旅行に来ていて、僕の支援活動を手伝ってくれた北村君の姿があった。彼の姿を見、当時を思い出した僕は言葉につまってしまった。
アフガニスタンでは再び国内避難民が増え始めている。
同じ過ちは繰り返したくない。
いつの日も国連やNGOから支援を受けられない難民や国内避難民が存在する。

つづく











スポンサーサイト


コメント

  1. つきみ | URL | -

    Re: 関西青空プロジェクト

    おつかれさまでした!

    大学生が自分たちでひらいたということが、すごく意味のあることだと思います。
    みのりあるスタートを一緒にきってあげられて、これからのプロジェクトのみなさんの活動も、もっとひろがっていくといいですね!

  2. Re: 関西青空プロジェクト

    ブログになり、久保田さんの動く様がよくわかって◎!
    ドラマ「風に舞いあがるビニールシート」を見ながら、「ボクの使命ってなんやろか」と問い直しても、結論は「今やっていることをやり切ること」になるんだよね。難民と直接かかわることは出来なくとも、高校生・青年の学びや活動にかかわっていくこともまた貴重な役割・・・・と自分で自分を励ましながら進んでいくしかないです。
    久保田さんも無理のない範囲で、しぶとく活動を続けてください!応援し続けます!!

  3. nami | URL | -

    Re: 関西青空プロジェクト

    もしかして映像って言うのは、この間見せてもらったモノですか?
    あの映像をみて、何とも言えない怒りや悲しみが込み上げて来たのを覚えています。
    自分にも何か出来たら良いのですが・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/80-c1d146b1
この記事へのトラックバック


最新記事