World Refugee Day

2009年06月22日 06:15

6月20日は「世界難民の日」。
渋谷の国連大学でのシンポジウムに参加した。

UNHCR駐日副代表の岸守さんは今月いっぱいで任期を満了。
UNHCRで最後のご挨拶。
外務省から岸守さんが来ると知った時には頭の硬い人が来るのか。との先入観があったが、
本人にあってビックリ。
斬新なアイディアをどんどん取り入れ、UNHCRを改革してくれた。
表参道ジャックと名付けられたパレードでは「どうせなら写真を持って歩いた方がメッセージ性がある」という僕の意見を取り入れてくれ、アフガニスタンやイラクの難民の写真が表参道をパレードした。

岸守さんの大きな功績はUNHCRにユースを作ったこと。
若い人たちが様々なイベントで活動するチャンスを作り、多くの若者がUNHCRの活動に関心を持つ下地を作ってくれた。
IMG_3964.jpg
ユースのメンバー達

今年のWorld Refugee Dayはまた進化して、青山通りから見ても何かイベントが行われているのが分かるようになっていた。
IMG_3959.jpg

今年は日本にとっても大きな変革期だ。これまで難民の受け入れに消極的だった日本政府がミャンマー難民の受け入れを決断した。
海に囲まれ、国境を持たない日本。
それ故、難民問題に関心が薄いのは仕方ない気もする。
世界が狭くなった今日。少しずつでも関心が深まればと思う。







スポンサーサイト


コメント

  1. nami | URL | -

    Re: World Refugee Day

    どんな形でも日本人に、世界の難民の人たちに
    関心や興味を持ってもらえたら良いですね。

  2. ノブリン | URL | -

    URHCRのこと

    私の知識では、難民受け入れの法的根拠は、出入国管理法、いわよる入管法の付け足しになっている。
    そしてすごく認定が厳しいと聞く。
    実際、帰国したら迫害の恐れのあるクルド人を強制送還させ、URHCRから批判をあびたこともあった。
    安い労働力の調整弁としての入管法をちゃんと見直し、難民受け入れの法整備と、私たち自身の閉鎖的性格を直さんとあかん
    某都知事は、外国人が増えると犯罪が増えると真剣に言った。
    こんな国で、誰を難民とするのか、どんな援助をするのか、国に任せず、自分たちで考えねば。
    久保田さんの国際的な感覚、人道的な意識は、ふるさと大垣のおばちゃんにも伝わってるよ。

  3. kan | URL | -

    Re: World Refugee Day

    NHKのドラマを見ながら、少しずつ国連の活動が知られるようになってきたのかな、と思っています。
    難民問題、今まで留学して来られた一部の方々の行動から
    やや偏見が見られるようになってしまったのが残念ですが、
    多くの人にもう少し余裕を持ってみてもらえるような
    支えが増えていくといいですよね。

  4. HIRO | URL | -

    namiさん

    若い人が参加できるイベントが増えてきているので少しずつ浸透してくと思います。

  5. HIRO | URL | -

    ノブリン

    海に囲まれた日本に住む人は難民に限らずが「外国人」に対して警戒心があるようです。
    文化、習慣が違う人が近所に住んでいたらトラブルも増えるかも。
    でも、世界はせまくなりつつあるし、出会ってみればみんないい人かも。
    そう思える日が来ることを願います。

  6. HIRO | URL | -

    kan さん

    おっしゃる通り「余裕」が必要かもしれませんね。
    ドラマでも難民が扱われる時代ですから、少しずつ「余裕」が生まれてくると思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/78-d20feee2
この記事へのトラックバック


最新記事