劇団四季

2012年09月10日 12:42

長年生きてきて、ミュージカルなるものを見た事がなかった。
劇団四季の美女の野獣に誘ってもらった。
正直、誘ってもらわなければ見に行かなかったと思う。
w144438.jpg

4405回というロングラン公演。
なんでも劇団四季の浅利慶太代表が監督をしているから良いらしい。

僕には演出家の友人が一人、役者の友人が二人もいる。
話を聞いていると、とにかく生活が大変だそうだ。
カメラマンもそうだが、アーティスティックな分野で食べていくのは大変だ。

そんな裏舞台を知っていなくても。。感動してしまった。
美女と野獣と言う話の全体を正確に知っていなかったのも良かったかもしれない。
僕はルミエールに魅せられてしまったが、ラストシーン、演者自身が感動しながら演じているのが見え、涙もろい僕はこらえるのに必死だった。
映画とは違う双方向の感動がミュージカルにはある。
一見の価値有りです。


久保田ショップ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/771-b7f37e26
    この記事へのトラックバック


    最新記事