シリアで山本美香さんが。。。

2012年08月22日 01:57

シリアで内戦が始まった直後、シリアに行こうと思い現地の友人に連絡を取り、ルートを確保した。
とはいえ、取材費を捻出できず、日本のテレビ局に「シリアの内戦を取材しようと思うのですが」とアプローチした。
残念な事に「今シリアに行ってもらっても枠はないですね」と断られてしまった。

でも、安田純平君はシリアに入り、見事にTBSで報道する事に成功した。
取材に行って映像を持って帰ればやる気がなかったテレビが動く事もあるようだ。

僕は。。もうこれ以上借金を増やす勇気がなかった。
アフガニスタンやイラクの戦争と違ってシリアの内戦は日本のマスコミではニュースバリューが低い。

次なる取材に向けて、この夏インターハイと全中の撮影で資金作りをしていた。
全中の陸上は朝から晩までトラックに張り付きで撮影しなければならず、ホテルに帰ったら缶ビール一杯飲んでねてしまっていた。

朝、陸上競技場に着いた時、某テレビ局から電話が入った。
シリアで山本美香さんが亡くなったと。
まだ確定ニュースではないけど、事実確認はとれていて、明日の朝には確定ニュースとして流れる。と。

僕は日本でこんな事をしていて良かったのか。
もし、取材費があってシリアに行っていたら。。。
撮影で忙しい一日なのに、何度も同じ事を考えてしまった。

撮影が終わったタイミングを見計らったように東スポから電話が入った。
かれこれ8年振りだろうか。
イラク戦争時、開戦前から毎日東スポにレポートを送り、記事にしてもらっていた。
東スポと言うと大げさな見出し記事を想像するだろうが、(僕も想像する)社会部はしっかりしていて、連日イラクの様子を記事にしてくれていた。

山本美香さんは同時期にイラクにいたジャーナリスト仲間、アフガニスタンも取材しているし、実は同じ歳。
しかも、山本さんも東スポに戦地からレポートを送っていた。
そんな関係で東スポが今回の事件に一言お願いします。と電話をしてきた。
「現場で会っても挨拶をかわす程度で別段親しい仲でもないので」僕なんかが。。と言ったのだが、前出の東スポ連載仲間というつながりもあり。。。

アフガニスタンやイラクと違ってシリアの内戦は日本で売れる可能性が低いニュース、それでも赴いたジャパンプレスの二人は伝えたいという想いが強かったんだと思います。などなど、電話インタビューに答えた。
社会部の担当者はイラク戦争時と同じ人だから、間違った記事にはならないと思う。

橋田さん逝き、長井さんが逝き、山本さんが逝ってしまった。
前線にいなくて、日本にいる自分は。。
今回は無謀だったとか自己責任だとかバッシングはない。
長井さんの時はあった。

いつか自分の順番が回って来るかもしれないから言っておきたい。
戦地に向かうジャーナリストの気持ちはみんな一緒だ。
「伝えたいから」
何万人もの一般市民が犠牲になっているシリア。
安保理の拒否権なんて馬鹿げたルールと国際社会の思惑で国連さえうまく動けていない。
これ以上の犠牲者を出さない為に「伝える」のがジャーナリスト。
危険を覚悟で伝える人がいなかったらどんな悲惨な現場も闇の中。

日本人が犠牲になった時だけのニュースでなく、伝え続けて欲しい。日本のマスコミの方々に。

スポンサーサイト


コメント

  1. 俊樹 | URL | -

    Re: シリアで山本美香さんが。。。

    ジャーナリストを標的にした政府軍の狙い撃ちだったようですね。
    シリア情勢を国外に知られたくなかったのでしょう。
    これは明らかに犯罪なので、日本政府は毅然とした対応をするべきです。

  2. 服部 寛典 | URL | -

    Re: シリアで山本美香さんが。。。

    お世話になります

    山本さんのニュースの時にもしかしたらと頭をよぎりましたが

    ブログ拝見させていただいて、日本にいると解って少しホットしました

    伝える  という気持ち

    私にも伝わりました、またブログ拝見させていただきます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/754-8d091355
この記事へのトラックバック


最新記事