パールコンチネンタルホテル

2009年06月12日 16:17

パキスタンの北西辺境州にある高級ホテルパールコンチネンタルホテル。通称PC
9日夜、車を使った自爆テロがあり、16人が死亡、57人が負傷してしまった。

どうやら当日アメリカ人がPCにいたのが狙われたようだが、対テロ掃討作戦にたいする報復攻撃の意味合いが強いようだ。

パールコンチネンタルホテルはペシャワールで唯一お酒が飲める(買うことも出来る)ホテルで、
宿泊費はとても高い。
昔、NGOが宿泊費を出してくれたので泊まったことがあるが、他の高級ホテルと同様、町外れにあり、食事や買い出しには不便な場所にある。

町外れにあるためセキュリティーは確保しやすく、入り口には車止めがあり、ロビーへの玄関には金属探知機が設置してある。

2006年パキスタンを訪れたとき、僕の友人がお酒を買って欲しいと僕に頼んだため
PCに買いに行った。昔は外国人ならお酒を買って帰る事もできたのだが、ルールが厳しくなり、ホテル内で飲むことしか出来なくなっていた。

破壊された後の写真を見ると酷い。500キロ近い爆弾を使用したらしいが、立派だったホテルがボロボロになっていた。ホテルのスタッフも気さくでいい人が多かった。
僕と出会った人たちが怪我をしたり・・だと思うと胸が痛い。

ここ数年テロリスト掃討作戦が激しくなり、民間人の犠牲者が増え続けている。
アメリカや、パキスタン軍の攻撃の多くは攻撃ヘリコプターや精密誘導弾を使った遠距離からの攻撃。これでは民間人にも犠牲者がでるのは当たり前。
誤爆で怪我をしたり命を奪われた人たちには何の保証もない。
遺族の怒りは収まることなく、自分たちでは報復できない為、必然的にテロリストと呼ばれる人たちに協力してしまう。
我々はタリバンが復活し始めた意味を考えなければならないし、憎悪が憎悪を呼ぶ対テロ戦争の方法を考慮しなおす必要がある。

ガイドブックにも載っている、スワート、ミンゴラ。
僕も昔訪れた経験があり、山間のとてもきれいな村だった。
この二つの地域は外国人は勿論、僕の友人のパキスタン人でも近寄ることができない危険地域になってしまった。




スポンサーサイト


コメント

  1. AOI | URL | -

    パールコンチネンタルホテル

    知りませんでした。PC、ショックですね。。目には目を、のイタチごっこをしないよう、自分から勇気を持って謝ったり、相手の気持ちになる努力をしていこうと思います。また明日の講演期待してます!

  2. Misry | URL | -

    Re: パールコンチネンタルホテル

    UNHCRのメンバーと、UNICEFのメンバーが犠牲になったと聞いています・・。罪のない人が犠牲になることは、本当に耐えがたいです。

  3. ノブリン | URL | -

    パークコンチネンタルホテル

    岐阜の講演に行ってきました。
    いつも、すっぱり飲み物のところで、うるうるしちゃいます。
    いろんな文化をお互いに大切にするって、何よりも大事ですね。
    自爆テロ、私には考えもつかない行動だけど、イスラムへの偏見、日本人にはありますよね。宗教や文化は、その国の歴史です。それを否定しちゃったら、友情は生まれません。
    久保田さんは、一番大切なことをわかってて、尊敬です

  4. nami | URL | -

    Re: パールコンチネンタルホテル

    もぅ全然意味が分かんない・・・
    戦争・テロで民間人が犠牲になるのを見たくないよ。
    民間人だって幸せになる義務はあるのに・・・

    日本にいて自爆テロの犠牲の話を聞いて悲しくなったり、
    虚しくなったりするのに、実際に行った事のある久保田さんが話を聞いた時はどのくらい悲しかったんだろ?

  5. つきみ | URL | -

    Re: パールコンチネンタルホテル

    自分だったら、大事な人を殺された無念さを復讐心に変えずにいられるかと聞かれたら、答えに迷ってしまう。

    本来そんなことに関係ない人たちが一番傷つけ合わされて、どこか安全な場所で駒を動かすようにそれを見ている人たちがいると思うとくやしいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/75-db496153
この記事へのトラックバック


最新記事