サンディエゴ、そして帰国。

2009年06月03日 18:17

初めてのメキシコを満喫してサンディエゴに帰ってきた。
そのままロスに戻る予定だったが、前回お邪魔したサンディエゴの友人宅にお邪魔した。
今回は長男がいて、家の中にある卓球台を使って卓球の勝負をした。

実はお友達は奥さんで、旦那さんには会ったことがなかった。
いつの間にか食事して泊まっていって下さい・・ということになってしまい・・
今回初めて旦那さんと会う事に。

日本の家庭で考えるとあり得ない感じ。
奥さんと友人で旦那さんの帰宅を待つことなく僕が泊まっていくのが決まってしまっている。
旦那さんが帰宅し、ご挨拶。
奥さんは「今日泊まっていってもらうことにしたから」と普通に報告。
旦那さんも普通にOK。

食卓を囲みながら初めて会う旦那さんとお話し。
聞けば、なんと僕と同じ歳。
やはり家庭を持つ人は存在感、安定感が違うと感じた。
敢えて僕は自分の年齢を明かさなかった。

翌朝は家族がまだ寝ているうちに友人と共にサンディエゴを後にしLAXに向かう。
途中、有料道路の料金所では料金所のおばさんが「Hi how are you?」から始まり、
僕の友人と雑談。お隣は日本人?。そう、空港に送っていくのよ。等々。
日本の高速道路ではあり得ない光景が。
友人曰く、後ろに車が並んでいても会話が続いてしまうこともあるらしい。
これまた文化の違い。

コスタリカからメキシコ、サンディエゴ、ロス。
今回もお国柄、人柄を満喫した取材旅行だった。










スポンサーサイト


コメント

  1. つきみ | URL | -

    Re: サンディエゴ、そして帰国。

    異国で、普通の家庭にステイできるってすっごく貴重な経験ですよね!

  2. HIRO | URL | -

    つきみさん

    いつもそうですが、人との出会いに感謝です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/73-a2781e10
この記事へのトラックバック


最新記事