広州から貴陽へ。

2012年06月12日 08:00

ダッカから広州への便は広州地域の天候不良の為大幅に遅れて出発した。
機内食を食べ、軽くウトウトした頃、機内アナウンスが。
「広州(グァンジョウ)は天候が悪いので着陸できない場合は他の空港へ着陸します」と。
な!なんと!バングラディシュだけじゃなく中国でもトラブルが続くのか。

日本では広州というが、中国では広州と言っても通じない。グァンヂョウという発音。
北京がベージンというのと同じ。
そろそろ現地の発音で覚えた方が良いと思う。広州に行きたいと言っても通じないと困る。

結局、広州には着陸できず、違う空港に降りる事が決定された。
しかし、前述のようにその空港がどこなのか聞いても分からなかった。
着陸してビックリ。空港の看板には桂林と書いてあった。
近くに座っていたベンガル人が「どの空港に降りたんだ?」と聞いてきたが、桂林の発音が分からずうまく答えられなかった。

機長からは広州の天候回復を待って再び広州に向かうかどうか決める。というアナウンスが入った。
一応、広州に向かう為に給油作業が始まった。
w6209.jpg

その後、軽食が配られたものの、状況がどうなっているか一切のアナウンスがない。
広州はハブになっている空港なので、国際線への乗り継ぎ客も多い。
CAに詰め寄る乗客も出始め、機内はピリピリした空気になってきた。
結局一時間半程待って広州へ向かう事になった。
僕は時差を中国に合わせ、貴陽行きのフライト時間を確認した。
桂林に来る途中広州辺りを飛んだ時間を考えると桂林から広州までは2時間はかからない。
着陸してダッシュして国内線の乗り継ぎに間に合うかどうかの時間だった。
つづく。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

宮城県気仙沼のお酒


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/702-745d6264
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【広州から貴陽へ。】

    ダッカから広州への便は広州地域の天候不良の為大幅に遅れて出発した。機内食を食べ、軽くウトウトした頃、機内アナウンスが。「広州(グァンジョウ)は天候が悪いので着陸できない...



    最新記事