隣町までバスで夕食に

2009年05月07日 20:39

マヌエル・アントニオは国立公園を中心とした小さな街で観光客相手のお店ばかりが並んでいる。
地元の人たちと同じものが食べたいと思って、隣町までバスで出かける。
地元のレストランで美味しい食事を頂き、スーパーマーケットでビールとジュースを買う。
来るときに降りた場所からバスに乗り、マヌエル・アントニオに帰ろうとする。
バスが行きと違うルートを通っていたが、日本でもよくあることだし、
余裕をかましてバスの中の写真を撮っていた。
バス
深夜バスの車内
10分程走って、明らかに海岸通りに戻る気配がないバスに気がつく。
これは・・やってしまった。
目的地が違うバスに乗り込んでしまったようだ。
すぐにも降りたい衝動に駆られたが、暗闇の中で降りるのは得策ではない。
3つ程停留所をすぎ、ショップの前でバスが停まった時にバスを飛び降りる。
ショップの人は「あらま~違う方向に来ちゃったね~」。と表に出てきて
ゲストハウスに帰るタクシーをつかまえてくれた。
タクシーはちゃんとメーターで走ってくれた。
迷子になって初めて分かる地元民の親切さ。



スポンサーサイト


コメント

  1. ノブリン | URL | -

    方向音痴

    う~ん。方向音痴のジャーナリストって、ちょっと怖い!

  2. KYK | URL | -

    Re: 隣町までバスで夕食に

    映画のストーリーのようなお話ですね。
    タイトルも写真も映画のワンシーンのよう♪

    結果オーライv-218

  3. HIRO | URL | -

    方向音痴

    方向音痴だけは一生なおりそうにないです。
    お陰様であちこちで出会いのチャンスをもらっています。

  4. HIRO | URL | -

    隣町までバスで夕食に

    この短い日記と写真から映画のワンシーンのようなフィーリングを感じてもらえたら
    とても嬉しいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/64-03741494
この記事へのトラックバック


最新記事