湯河原温泉、二・二六事件。

2012年03月05日 08:00

湯河原温泉。
箱根と違って観光客は少なく、温泉街もひっそりとしている。
昔、この湯河原温泉が賑わった時期があったのだろう、そう思わせる、今は営業していない射的屋さん。

そんな鄙びた温泉だからこそゆったりできる。
川のせせらぎを聞きながら湯につかり、何もない街を散策する。
IMG_6195.jpg

湯河原温泉の外れ湯煙にひかれて近づいて行くと二・二六事件という記念碑を見つけた。
IMG_6193.jpg
老舗旅館伊藤屋の元別館 光風荘 には、前内大臣の牧野伸顕伯爵が静養のため家族、使用人とともに滞在していた。
2月26日早朝、東京から雪の湯河原に着いた河野壽大尉以下8名の別働隊は、 光風荘 を急襲。
当直の護衛官・皆川義孝巡査と銃撃戦のあと同荘を放火炎上させたが、目指す牧野伯爵は地元消防団員らの活躍で脱出に成功。
IMG_6194.jpg
牧野伸顕氏、前総理大臣の麻生太郎氏の曾祖父に当たる人物らしい、その縁あって石碑の文字は麻生氏が書いたようだ。

僕が湯河原を訪れたのは2月16日。76年前に起きた二・二六事件の10日前だった。
大雪ではないが、雪がちらついていた。


久保田ショップ







スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/639-9f2035de
    この記事へのトラックバック


    最新記事