クライストチャーチ

2012年02月20日 22:39

空港近くのホテルからクライストチャーチの街の中心部まで30分程で到着。
バスを降りてまず感じたのが人の気配が少ないこと。

ニュージーランドを地震が襲ったのは2011年2月22日。
一年近く経ってニュースもなく、殆ど復興していると思っていた。
0564.jpg

街を見て声が出なかった。
中心部は殆ど立ち入り禁止区域になっていて、目的地に行くのに大きく迂回しなければならなかった。
0573.jpg
クライストチャーチで有名だったトラムも運転を再開していなかった。
以前に撮影した写真が今では貴重なものになってしまったようだ。
HQ2Y7422_.jpg
HQ2Y7397_.jpg

10分20分歩いても立ち入り禁止区域を迂回しきれない。
お腹がすいたと思ったが、勿論レストランは営業していない。
0567.jpg

30分近く歩いてようやくお店が営業しているエリアに出る事ができた。
0582.jpg

正直、忘れていた。
地震があった事は記憶の中に入っていたのだが、復興がどのように進んだかは関心すらなくしてしまっていた。
日本人の犠牲者も出て、あれほどニュースになっていたのに、その後のニュースはいつの間にかなくなっていた。
全壊した建物は少ないが、クラックが入っているビルが多く、取り壊しをするのも難しい状態だった。

被害にあった地域を見て、本当に中心部だけが壊滅的な打撃を受けているように感じた。
歴史的な建造物も多かったクライストチャーチ、復興まではまだまだ時間がかかりそうだ。
かつてのクライストチャーチの写真はこちらから
日本の震災も、もうすぐ一年目をむかえる。
ニュースが必要なのはこれからじゃないかと思う。
3・11のその日だけでなく、その後も復興の様子をニュースで流して欲しいと思う。
クライストチャーチのその後も是非報道してほしい。
帰国寸前にクライストチャーチを訪れる事ができてよかった。
ブログを見てくれている人達だけでもクライストチャーチの状況を知ってもらえる。

久保田ショップ



宮城県気仙沼のお酒





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/627-8f8bd2a1
    この記事へのトラックバック


    最新記事