Wonderful Birthday

2009年04月22日 00:52

今年の誕生日は写真展をしている田原市でむかえた。
写真展実行委員会の人たち、美容師の人たち、角メロ君、多くの人に祝ってもらえた。

パキスタンで迎えた誕生日以来の大人数での誕生日だった。
渥美半島先端のガーデンホテルでの食事。
サプライズの歳の数だけの打ち上げ花火。
お祝いのお花、美容師のみんなからの寄せ書き。
とっても嬉しく、とってもこっ恥ずかしい誕生日だった。
お花
九州の友人が贈ってくれたお花

3日間の会期で行われた写真展、天気が良かったこともあり来場者はそれほど
多くなかった。
写真展に老夫婦が来てくれた。
お爺さんは船乗りをしていて、港がある国ならありとあらゆる国に行った経験があるそうだ。「昔、バスラに行ったけど、久保田さんも行かれたことありますか?」と聞かれた。
最後の一冊となったイラクの写真集「空爆の下で」にはバスラの写真が一点使われている。
ページをめくりお見せするととても懐かしく過去を思い出され、最後の一冊を購入してくれた。
お婆さんは会場の写真を一通り見た後、最初に立ち止まったジャララバードの風景写真に見入っていた。お婆さんは「こちらの写真は販売して下さるんですか?」と尋ねて
こられた。「一般家庭に展示するには少し大きすぎるかもしれませんが、お気に召されたなら喜んで」とお答えする。
「お爺さんどうですかね、私が半分出しますから残り半分だしていただけないでしょうか」
自分の夫に対しての話し方としては丁寧すぎるくらい丁寧な言葉だった。
お爺さんは「気に入ったのならいいんじゃないかね」と了承してくれた。
二人の会話を聞いていた僕は「タダでいいから持って帰って~!」と叫びたい気持ちをおさえるのに精一杯だった。
僕の誕生日に僕の写真を気に入って購入してくれ、自宅の洋間に飾ってくれる。
カメラマンをしていて、これほど嬉しい事はない。
最高のプレゼントをもらった気分だった。
090420_1541~0001
一枚の写真がお婆さんの家に嫁いでいった





スポンサーサイト


コメント

  1. YKY | URL | -

    Re: Wonderful Birthday

    プロアマ問わず写真を撮る者として、最高にうらやましいあこがれの瞬間ですね!
    たまたま横でその光景を見させてもらって、わたしまで心がふるえるようでした。

    すばらしいお誕生日を迎えて、幸先のいい??歳のスタートですね☆
    おめでとうございます♪

  2. tommy | URL | H84T0CS.

    Re: Wonderful Birthday

    私からも、御夫婦には改めて、お礼を申し上げておきます
    大切に大切にしていただける方の許へ行きましたね!
    昨晩の例会では、ご主人にお会い出来なかったので
    来週お会いする予定です。

    Birthday
    一緒にお祝い出来た15名も良い思い出になりました。

  3. アニラ | URL | -

    Re: Wonderful Birthday

    素敵なお誕生日になってよかったですね。

    遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。
    久保田さんが、今を生きてくれて、出会えたことに感謝します。

    これからも…いろんなことを伝えて下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/59-cf05c192
この記事へのトラックバック


最新記事