僕の仕事はゴミ拾い。

2011年12月20日 00:42

セントマーティンを出てバングラデシュ第二の都市チッタゴンへ来た。

ダッカ同様、渋滞が激しい。

片側2車線の中央分離帯。
一人の少年がゴミを拾いながらやってきた。
HQ2Y5203.jpg

まるで忍者のように。
久しぶりにカメラを向けるべきがどうか迷った。
彼の鋭いまなざしに対して僕は何ができるのか、どうすれば良いのか一瞬分からなかった。

迷いは一瞬で、結局一枚撮らせてもらった。
撮ったあとベンガル語が話せない僕は「どうも、こんにちわ」と日本語で話しかけた。

少年は中央分離帯から降り、まっすぐ立ち僕を見た。
HQ2Y5206.jpg

再び一枚撮らせてもらった。
少年は笑顔こそ出さないが、一枚目とは違った顔を見せてくれた。
お金ちょうだい!って言われるかな~。と思いつつも撮り逃げする気持ちにはなれず、日本語で「いい目しているね」と話しかけた。

少年はお金を要求する代わりに最高の笑顔を見せてくれた。
久しぶりに痛かった。

高級車が走る広い道。
明らかに貧しい少年。

いっそお金を要求されたら。痛くなかったかもしれない。
自分の写真を撮った異国のカメラマンに笑顔を見せて立ち去った少年。
僕は何かを伝えたかった。
何も伝えられず、潤む目で精一杯の笑顔を見せるだけだった。

久保田ショップ












スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/566-90d06919
    この記事へのトラックバック


    最新記事