マヌエルアントニオ

2009年04月10日 15:34

シャトルバスは海岸線を走り、太平洋に沈む美しい夕日を見せてくれた。
コスタリカに来てようやく海を見ることができた。
そして、初めて真夏の雰囲気を味わった。

暗くなった頃、ようやくゲストハウスに到着。
国立公園の近くなのですべてのタックスが高い。
ゲストハウスも高いが・・・、はじめて酷いゲストハウスにあたってしまった。
到着は夜だし、一晩寝るだけだからいいや。と思っていたが、明日、早速ゲストハウスを移動しなければならない。

このゲストハウスも、シャワーはコスタリカでよく見かける電熱式。
しかし、そのコードがビニールテープで巻いてあり、所々銅線が見えている。
シャワーを浴びていると煙が!燃えるのは良いけど、感電したくないと思い、
慌ててシャンプーを流した。

あまりの酷さに写真を撮ることもできなかったが、一夜明けると、蝶々がやってきた。
唯一の救いかな~。
HQ2Y2572のコピー

スポンサーサイト


コメント

  1. 玄 | URL | -

    感電

    久々のコメントがそれかって笑わないでほしいのですが、

    わたしは蚊取りマットのコンセントタイプをはめようとして感電しましたよ。
    思いの外心臓がはねあがりますよ(;∀;)

  2. アニラ | URL | -

    Re: マヌエルアントニオ

    いろいろ大変ですね。電球が突如暴発したり…なんてことはなかったですか?
    コンセントがむき出しならまだしも、コンセントは安全な状態だったのに、私は、蛇口を触った時にビリビリーっと電流が流れました。
    幸い、今も生きてます。笑v-221

  3. がちゃぴん | URL | -

    Re: マヌエルアントニオ

    燃えるのはいいんですか!!?

    コスタリカのお風呂&シャワー習慣はどんな感じなんでしょう?

  4. HIRO | URL | -

    玄、アニラ、ガチャピンさん

    感電経験あるんですね。100Vは十分僕たちを天国に連れて行ってくれますから気をつけましょう。

    蛇口で感電!これまたすごい経験ですね。

    バスタブは殆どないですね。どこも電気式の湯沸かしシャワーです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/54-68579327
この記事へのトラックバック


最新記事