自転車車道~パーキングメーター撤去。

2011年10月30日 13:07

自転車車道説からパーキングメーターを撤去する話が出て来た。
そもそもお金を払ったら路上駐車できる。というパーキングメーター。
お金を払えばいいのか?という違和感があるが、実際、都内の駐車場の数を考えるとパーキングメーターは必須とも思える。

自転車が車道を走るように徹底するのは間違いではないかもしれないが、ルール先にありきで、準備が整っていない。
左折巻き込みの危険を考えて、自転車は直進時にそのまま車道を進むようにするらしいが、車のドライバーからすればかなり怖い思いをすることになる。

歩行者と自転車の交通事故を減らす為に自転車車道説。
交通事故全体を減らす為には車のドライバーに関しても取り組みが必要だ。

日本では車の免許証がID代わりになっていて、車を運転しない、すでに運転する技術がなくて運転免許証を持っている人が多い。
盆、暮れ、正月に事故が増えるのは当たり前、年に一度しか車に乗らないような人が車を運転する。
高齢者教習が数年前から始まったが、教習が必要なのは高齢者ばかりでなくペーパードライバーだと思う。
日本の免許所持者の数を考えると、免許書き換えの度に教習を行うのは厳しいかもしれないが、書き換え二回に一度は実地教習をした方が良い。

縦列駐車は勿論できない、目的の場所はあればウインカーも出さずに突然曲がる。
こんなドライバーが沢山いる状態で自転車を車道に出すなんて、事故が増発して当たり前だと思う。

ブログにコメントを下さった方がいる。
「教習所には警察OBがたくさん就職しているのですが、教習所といえば経営難が深刻化している業種。そして、高齢者教習などという制度ができましたっけ。
今度は自転車というのもあながち間違いでもないかもですね。」

教習所の経営が深刻化しているのは知らなかった。
より事故を減らす為に500円でワンコイン教習とかやって、その証明書を持って書き換えに行ったら良いと思う。
教習は簡単。
エンジンをかけ、一周して来て元の場所に止めるだけ。
これだけの事ができないドライバーが何%いるだろうか。
ちゃんとできないドライバーは次段階の教習を受ければ良い。

いつの世も改革は必要だと思う。
時代の流れに合わせ、より良い方向に行く為に。
改革の余波で犠牲者が増える改革にだけはしてはいけない。
特に交通関係は犠牲者が出てから対策が取られる。
交通事故が起きてから信号が設置されたり、ガードレールができたり。
今回の大改革はちゃんとケアしなければ多くの犠牲者を生む。










スポンサーサイト


コメント

  1. りょうまん | URL | -

    自転車専用道路の整備が必要だと思います。
    ただこの国にはいわゆる「ママチャリ」とスポーツ自転車が混在していて、一番危険なのはファションとしてママチャリ感覚でスポーツ自転車を乗る人達かと思います。
    そもそもブレーキのないピスト自転車を街中で乗るのは、F1カーを公道で走るような危険なものです。
    自転車に乗る人のなかに、マナーの悪い人が増えた事がここ最近の自転車規制問題です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/536-79a8eb2b
この記事へのトラックバック


最新記事