リビアで事故 テレ朝記者ら死亡

2011年10月22日 00:51

テレビ朝日によるとリビア国内で取材陣の乗った車が交通事故に遭い、日本人の記者1人を含む3人が死亡したということです。
死亡したのは、カイロ支局長の野村能久記者(37)と、現地スタッフ2人の合わせて3人。また、日本人のカメラマンが軽いけがをしたということです。取材陣は、カダフィ大佐死亡のニュースを取材するために、エジプトからリビア中部のシルトに向かう途中だったということです。

海外の報道が縮小傾向にある昨今、カダフィ大佐死亡のニュースを取材に向かったテレ朝の報道に対する姿勢は評価できる。
残念な事に取材クルーは取材に入る前に事故に遭ってしまったようだが、取材に向かう時、取材中、危険は必ずつきまとう。
今回、残念な事故が起きてしまったが、局員を死亡させてしまった責任を追求して、最終的に取材にgoサインを出した報道局長等にプレッシャーがかからない事を祈る。

亡くなった記者の人達の冥福を祈る。
そして、事故をきっかけに報道が自粛しない事を祈る。
いつの時も現場に赴き、日本人の目で取材し報道する事が大切だ。

久保田弘信の作品ショップ

戦場カメラマン渡部君が登場するイラクのDVD有り











スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/528-d3df9478
    この記事へのトラックバック


    最新記事