海外でマナーの悪い日本人。

2011年10月18日 20:43

生まれて初めて乗ったデルタ航空。
飲み物のサービスがあり、機内食が運ばれ始めた時、気流の悪いエリアに入りサービスが一時中断した。
英語のアナウンスの後に日本語でも案内がされた。

隣の隣に座っていた日本人女性(20代前半)が大きな声で「すいませ~ん。すいませ~ん」とアテンダントを呼んだ。そこそこ揺れていたし、調子悪いのかと思ったら。。。
「機内食まだですか~」と日本語でまくしたてる。

アテンダントは「揺れが続いていて危険なのでサービスを中断していますからしばらくお待ちください」と。
英語が理解できなくてもアテンダントが言っている事がなんとなく分かったらしい女性は不機嫌そうに
「あ、そう」と言い、ふて寝をし始めた。

近年アメリカは入国審査が厳しくなり、一人にかかる時間が長くなっている。
イミグレーションは長蛇の列、僕の順番がくるまで30分近くかかった。
その間に別室行きを命じられた乗客が一人。
毎回アメリカへの入国は緊張する。

ゴルフツアーに来たらしいおじさんが携帯を取り出し電話を。
すぐさま係員がきて「ここでは携帯ダメです」と言っているのに話を続ける。

長く待たされてやる事がなくなった子連れのお父さんが携帯カメラで長蛇の列を撮影した。
イミグレーションオフィサーではない係員が来て「ここは撮影禁止です、撮影した画像を消去して下さい、でないとカメラが没収されます」。
おじさんは悪びれもぜず「ジャパニーズ、プリーズ」。

おいおい、最低限の英語さえ理解できず、現地のルールを守れないのなら海外旅行に来ないでくれ。
こんな人たち入国拒否してくれて良いですよ。

海外経験が豊富で英語も堪能な戦場カメラマン渡部君など何も悪い事をしていないのにパスポートにアメリカが嫌いな国のスタンプが沢山付いていただけで別室送りになって3時間近く解放されなかった。

海外旅行は多いに結構。
狭い日本にしがみつかずに色々な国の人、文化に触れてもらったら良いと思う。
しかし、文化、風習、ルールが違う国を訪れる時、最低限その国のルールを勉強してから旅に出て欲しい。





スポンサーサイト


コメント

  1. ビジネスマナー | URL | -

    Re: 海外でマナーの悪い日本人。

    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。

  2. HIRO | URL | -

    ビジネスマナー さん

    ブログ書く内容は多岐にわたっていますが、気に入って頂ける記事があれば是非読んでやって下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/523-5c86224b
この記事へのトラックバック


最新記事