10:33母逝く。

2011年07月16日 23:38

午前3時過ぎ、病院から連絡があり駆けつける。

まだ想いがあるのか、不肖の息子が心配なのか、みどりさんは殆ど機能しない肺に空気を送りこむために体全体で必死に呼吸を続けた。

我が母の生命力に驚く。

一度、病院近くのホテルに戻り、9時過ぎに病室へ戻った。
病室の中からピンポン、ピンポンとアラームが聞こえる。

今度こそお別れを覚悟して入室すると、昇圧剤の点滴がなくなったアラームだった。
しばらく待つがナースが来る気配なし。

昨晩も昇圧剤の点滴はもうやめてもらってもいいです。とお願いしたくらいだし、多少うるさいけど、このまま待つ事にした。

時が流れ、ナースが来てくれた。
点滴を替えよとしてくれたので、「追加はなしでいいですよ」と言う。

案の定、やめるのはむつかしいと説明してくれた。
主治医の先生がいてくれたのが幸運。
倫理的には難しい、命をつなぐ方向とは逆向きになる行動を許可して下さった。

この10日間、終末医療の難しさを実感し、病院のスタッフに迷惑をかけたり、うまくいかない事も多々あった。

最後に面倒を見てくれた主治医の先生がこの先生で本当に良かった。

点滴の追加をやめて30分程。
我が母、松本美登里は静かに息をひきとった。

水分がなくなる程泣いたり、母の苦しむ姿を見てご飯が食べられなくなったり、携帯電話の着信に心臓がやられそうになったり。

そんな時、ブログのコメントやTwitterのReTweetに本当に励まされました。
何度目か分かりませんが、皆様、本当にありがとうございました。

明日、13:30から1時間程かけて、母は75年使い続けた肉体と離れて行きます。
多くの人に送って頂ければ母は迷わず成仏できると思います。
遠方からでも想って頂ければ幸いです。
久保田弘信の作品ショップ






スポンサーサイト


コメント

  1. KAME | URL | PAdImsec

    Re: 10:33母逝く。

    自分の母の事と、去年亡くした兄のことを思い出し。
    得意に今回は、兄も癌だったし。
    最終的には肺に転移していたので、
    その時の思いとかが溢れ出して、コメントが書けませんでした。

    また、すぐに生まれ変わってこられるような気がします。
    案外、すぐ近いところに生まれてきやはると思います。

  2. あじゅ | URL | -

    私の伯父も一昨日亡くなりました。
    明日告別式でお別れをしに行きます。
    きっとみどりさんと伯父は天国で会うと思って、手を合わせながら『私の大切な友人のお母様と仲良くしてください』と心の中で唱えました。
    身近な人との別れはとても辛いです。
    でも私は笑顔で送ってあげようと思っています。

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. えるん | URL | -

    お見送り

    ご母堂さまのご冥福を心よりお祈りします。
    これからは痛みも苦しみもない魂となり、愛する我が子を見守って下さるのでしょう。
    参列できませんが、世界中のあなたの友人たちと一緒に手を合わせ、お見送りをしたいと思います。

    どんなことも供養となります。心穏やかにお過ごし下さいませ…。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. dorae929 | URL | -

    Re: 10:33母逝く。

    ツイッターでリツィート見させていただきました。
    全くの初見参ですが、私も母のがん治療でヒヤヒヤしながら過ごしております。
    どうか、心の赴くままにお過ごしください。
    どんな事もお母様は喜ばれておられると思います。
    今は全ての苦しみから解き放たれておられるのでしょうね。
    眠りの静けさをお祈りします。

  7. yuraku | URL | WRxq9pns

    Re: 10:33母逝く。

    ご母さまのご冥福を心よりお祈りします。
    私も、また、きっと、久保田さんのすぐそばに
    生まれてくると思っています。

  8. Akinobu Oguchi | URL | QjzkEOgs

    Re: 10:33母逝く。

    ご愁傷です。
    肉親との別れは辛いものです。特に親との別れは後先のことなど理論的にわかっていても納得ができないものです。
    割り切れない思いがいっぱいあり、これでもかと思うほどの悲しみが押し寄せてくると思います。
    それでも乗り越えなくてはならないものなのですね。
    戦場で沢山の別れを見てきたのに自分の時は別物になってしまいますね。それもしょうがないことだと思います。
    ご母堂様のご冥福をお祈りいたします。

  9. AY | URL | Y5dtNUCo

    Re: 10:33母逝く。

    何もお役に立つことができなくて、すみません。

    大切な人を亡くした時の悲しみは、誰も肩代わりしてあげられないし、本当の意味では100%分かち合うことはできない。
    とても孤独ですよね。
    私には何もできないので、いつも、歯がゆく思います。

    また久保田さんの笑顔に会えるのを待っています。

  10. のぶりん | URL | -

    お礼

    結婚式に参列した一人として、久保田さん、かわいいお嫁さん、頑張って生きて下さったお母様にお礼申し上げます。
    お母様の病状がお悪いなか、参列者も式を執り行って頂いた覚成寺の若住職ご夫婦も事情を察して、お二人のこれからの生活が楽しいものであるように、そしてお母様の黄泉の国での暮らしもまた、穏やかなものでありますようにとの、二つの思いが込められた式だったように思います。
    そんな特別な式に同席できてありがとうございました。
    無信心な私ですが、阿弥陀様にもう一度、お母様とご遺族の方々の穏やかな暮らしが戻るよう合掌させていただきます。

  11. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/457-30ae30e1
この記事へのトラックバック


最新記事