クルム伊達の快挙

2011年06月23日 13:38

年齢によって職業選択ができないケースが多い。と日記を書いた翌日。
クルム伊達が奇跡を見せてくれた。

世界ランク4位で1996年引退し、13年の時を経て2009年現役復活を果たした。
ウィンブルドンは15年ぶり。
世界中のトッププレーヤーが集まっているウィンブルドン。
一度引退した選手がグランドスラムの一角であるウィンブルドンで初戦を突破する時点で奇跡に近い。

二回戦の相手はかつての女王ウィリアムズ。
善戦してくれれば良いと思っていたが、伊達はウィンブルドンで過去5回優勝しているウィリアムズに一歩も引く所なく、6―7、6―3、8―6とフルセットでの惜敗となった。

僕はテレビを見ていなかったのだが、「伊達が1セット取った」という友人のつぶやきに反応してテレビを付けた。
伊達は僕と同世代の選手。
かつての現役時代シュテフィー・グラフとの対戦などを鮮明に覚えてる。

スポーツ選手が一度引退した後にその世界の最高峰の大会に出場するだけでも奇跡にちかい。
年とともに衰える筋力、反射神経、常識的には若い選手にかなう訳がない。
その常識を覆し、年をとっても、結婚しても、再び世界の舞台に立てると彼女は見せてくれた。

僕としては珍しくとっても勇気付けられた。
15年という途方もないブランクでも(勿論ラケットは握っていただろうが)現役復活できる。
僕も、もう年だから諦めようと思っていたバイクレースに復活してみようかな~。
と思った。
IMG_7981.jpg

IMG_7982.jpg

それこ伊達選手と同じくらい、最後に公式レースを走ったのは富士スピードウエイの3時間耐久レース。
僕は全然バイクにすら乗っていないから現役復活は無理だろうが、再びバイクでサーキットの風を感じてみたくなった。
久保田弘信の作品ショップ









スポンサーサイト


コメント

  1. かえる | URL | -

    奇跡

    私のデビューは更に年齢を重ねてから…新しいことを始めました。

    ギネスには載りそこねたけど、ミラクルな記録を残せたよ。

    80歳になったって夢や希望がなけりゃ生きているとは言えない。まだまだです

  2. aiju | URL | UBizN/Zs

    Re: クルム伊達の快挙

    おひさしぶりです。
    では今度はレースでカタルーニャへ来てください。
    (だってスリランカは来てくれなかったから)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/436-7345b525
この記事へのトラックバック


最新記事