ダウンタウン3

2009年03月25日 02:00

カメラバッグを肩からさげ、17-35を装着した1Dmark?をぶら下げてあるいていた。
前方からやってきた初老の紳士がスペイン語で「カメラを引ったくられないように気をつけなさい」とアドバイスしてくれた。

中米で一番とも言える治安の良さを誇るコスタリカも危ないんだと実感する。
と、いいつつも写真は撮りたい。途中で70ー200の長いレンズに交換して撮影を続ける。
IMG_2719.jpg
ゴミ箱から新聞を拾い読む人。貧富の差を感じる。

あちこちにパトカーや警察官がいて、出会う度に僕を呼び止め、
その度にカメラを引ったくられないように気をつけなさいと言ってくれる。
勿論スペイン語なので何を言っているか全く分からない。
一人だけ女性の警官がDo you speak English?と英語で話しかけてくれた。
これだけ何回も注意されると真っ昼間とはいえ危険なんだと思わざるを得ない。
撮影のレスポンスは悪くなるがカメラをバッグにしまい、撮影の度に出すようにする。

サンホセの中心部は4~5キロ四方くらい。
撮影しながら歩いていたら結構遠くまで来てしまっていた。

帰りはローカルのバスにトライする。
coバス
初めて乗ったバス。

大通りをまっすぐ走るバスに乗ればゲストハウスの近くまで行ける筈。
どのバスに乗ったいいのか迷っていると、いつものように親切なコスタリカ人のおじさんが現れ、同じ方向だから一緒に乗ろうと誘ってくれ、
降りる場所も教えてくれた。
市内を走るバスはどれも均一料金のようで、フロントグラスに料金が書いてある。
僕が乗ったのはおそらく一番安い110コロンのバスだった。
一人歩きが新たなコスタリカを見せてくれた。




スポンサーサイト


コメント

  1. Gacha | URL | -

    Re: ダウンタウン3

    バスの移動はドキドキするけど楽しいですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/42-4ea36acb
この記事へのトラックバック


最新記事