母の冷たい手

2011年04月20日 15:13

ずーっと昔の今日、母が僕を生んでくれた。

母は東京から350キロ離れた岐阜で一人暮らしをしている。

父と離婚し、癌を患い、自分の為に生きる事をせず、昭和の女性らしく父や連れ合いの為に自分の人生を費やしてきた人だ。

僕がカメラマンの道を選んだ時、「せっかくだから先生(高校の教員)になった方がいいんじゃない」と言ってた。
アフガニスタン、イラクと二つの戦争を取材し、新聞やテレビに登場したとき
「あなたがやりたい事がようやく分かった、頑張りなさい」と応援してくれた母。
「危ない国に行くのもいいけど、親より先に逝っちゃいけないからね、それが一番の親不孝だから」と。

そんな母がそろろそ危ない。
癌で胃の殆どを摘出してしまったため食が細くなっていたが、このとこと殆ど食べられなくなってしまった。

講演があって岐阜に戻る事ができたので、母を連れ出し、母が大好きなラーメンを食べに行く。
残念な事に母は一杯のラーメンを半分も食べられない。
今まではちゃんと歩けていたが、今回は歩くのもやっとな感じ。

転ばないように母の手を握り、寄り添って歩く。
母の手は驚くほど冷たかった。

東京に戻ってくる前、母を訪ねた。
「孫の顔を見るまでもう少し長生きしてよ」と話す。
本当は寄り添って一晩一緒に寝てあげたかった。

動く、言葉を発する母親に合うのはこれが最後になるかもしれない。
そう思って母に別れを告げ、東京に戻ってくるのはとても切ない。

こんな仕事だから東京にいざるを得ない。
願わくば、次回岐阜に帰るまでなんとか生き延びていて欲しい。

久保田弘信の作品ショップ







スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. トリニティー | URL | 3wMlwKt.

    お見舞い申し上げます。

    お母様の全快を祈ります!

  3. なずなっち | URL | n8WTkiaw

    Re: 母の冷たい手

    はじめまして。
    私も大垣に住んでいます。
    久保田さんのお気持ち、きっとお母様に伝わっていますよ。
    お仕事、頑張って下さいね。

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. Y.M. SH | URL | -

    Re: 母の冷たい手

    >動く、言葉を発する母親に合うのはこれが最後になるかもしれない。

    この気持ちは、経験した人にしか分からないです。
    でも、これが最後なんてことはないです。
    次も、そしてその次もあります。きっとです。
    僕はそう祈ってます。

  6. Y.M SH | URL | -

    Re: 母の冷たい手

    >動く、言葉を発する母親に合うのはこれが最後になるかもしれない。

    この気持ちは、経験した人にしか分からないです。
    でも、これが最後なんてことはないです。
    次も、そしてその次もあります。きっとです。
    僕はそう祈ってます。

  7. 久保田 | URL | -

    コメントを下さった皆さんへ

    仕事柄、母親の近くにいてやれない事を心苦しく思い。
    多くの人の死を見てきたため、後悔だけはしないように母と会ってきました。
    皆さんの想いは母に伝えます。

  8. ローズママ | URL | nLFQAz4w

    Re: 母の冷たい手

    貴方の誕生日を楽しみにしていた母きっと
    母もしたいことは沢山あるのだと思います
    離れてるからこそ出来る事があるよ
    旅行に行ったり お買い物に行ったり たまの外食も
    その為に頑張ろうと生き甲斐になったりします
    最後なんて思わないで 次はこれしよう次はこうしたいよと甘えてあげて欲しいと思います
    それが母の元気になると思っています 妹

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/408-cb3a1a49
この記事へのトラックバック


最新記事