中国での地震ニュース

2011年03月28日 21:29

中国のテレビでは毎日のように日本の大地震のニュースが流れている。
日本大地震特別報道。
漢字は多少省略されているが、殆ど同じなので理解できる。
上海、杭州は日本から千数百キロしか離れていない為、日本の地震、特に原発の放射能に対して敏感になっている。
日本は当事者の国であり、首都東京が福島から近い事もあり逃げ出す事ができない為、報道にも偏りがある。
どちらが正しいとかではなく、日本のマスコミが伝える原発の情報と海外のメディアが伝える原発の情報を比べるのは良い方法だと思う。

中国のニュース、アメリカのCNN共に日本のメディアが伝える放射能被害以上の被害が予想されると伝えている。
日本では「ただちに人体に影響を及ぼすレヴェルではない」と繰り返し伝えられているが、すぐには影響が出ないが蓄積すれば間違いなく影響が出る。中国のニュースもCNNも同じような事を伝えている。
かつて、チェルノブイリやスリーマイル島で原発事故が起きた時、日本のメディアはどう伝えただろう。チェルノブイリのニュースは記憶にあるが、日本の専門家は「数十年の期間にわたって人が住めない状態になる」とコメントしていた。

風評被害が出て困る。と言われているが、ネット上も含め様々な情報が飛び交うのは東京電力、日本政府が状況を的確に報道しない事に原因の一端がある。
現代はネットという情報発信の方法があり、個人がマスに対して情報を発信できる。
すでに静岡県の浜岡原子力発電所の設計に携わった人への取材で浜岡は耐震設計に問題があるという情報も出てきている。取材が行われたのは2005年だが、その後耐震設計に見直しがされたかどうかは分からない。

羽田発、上海行きの便は満席だった。
「中国人で日本に帰化した人達が放射能を恐れて中国に帰ろうとしたのですが、ビザが降りるまで時間がかかり、中国のビザを取得した元中国人が中国に避難しようとしているため満席になるケースが多いです」と全日空関係者は語る。
一方、中国から日本への便は乗客数が50%を少し上回るくらい。
「このところ中国経済が伸びたため日本への旅行客が多かったのですが、地震より放射能を心配して日本への渡航を取り止めるケースが多いようです」と。
大連に着いた全日空の貨物機が放射能検査の為、長時間待たされ、結局積み荷を降ろす事ができず日本に戻ったというケースもあった。
成田からの便は特に警戒され、ターミナルに付けずバスによっての乗降となっている。

僕たちは日本にいるから、日本で生活しているから、多少放射能の数値が高くなっても生活せざるを得ないが、海外で原発事故が起きた時、危険地域が30キロ圏内だけだと発表があったとしてもその国に旅行へ行くだろうか。

日本国民、海外の人ともに不信感を抱かせない為にも、起きた事は迅速につつみ隠さず報道すべきだ。

久保田弘信の作品ショップ







スポンサーサイト


コメント

  1. カップめん | URL | 3GFicEQM

    Re: 中国での地震ニュース

    アメリカやイギリスでも買占めが起こってるとか。。
    放射能に関しても敏感になってるが正直日本にいて、まだ問題ないのだろうか。。なんかパニックになるからとかで何かしら重大な問題を政府は隠してると思う。海外のニュースを見れば日本政府を疑ってしまうのは当然ですよね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/393-8f128b9c
この記事へのトラックバック


最新記事