地震対応策。

2011年03月12日 12:29

朝一番、仲間のジャーナリストから被災地の取材に行くパートナーになってほしいと電話があった。
実は今日と明日講演の予定があって、状況を考えると中止かな、と思いつつも予定変更の連絡があるまでは待機せざるを得ないので、取材はお断りした。

でも、何も予定がなくても取材に行っただろうか。
リビアやエジプトの歴史的な瞬間には居合わせたいと思うが、震災後の取材で伝える事で何ができるかと思うと疑問。

と、ブログを書いているときも東京では余震が。

被災地にいる友人や家族と連絡を取るのが大変な状態が続くと思われる。
テレビはひたすら現地の被害状況の映像を流し続けている。

ネット上には有効な情報があちこちからもたらされている。
東京でさえ昨日は殆ど携帯がつながらず、携帯メールも普通になっていた。
唯一使えたのがプロバイダやhotmail等のアドレス。
情報を得る為の端末をもっていても回線が込み合って使えない状態も。
実際、昨日はタダでさえつながりにくいソフトバンクのiPhoneは度々圏外に。

そんな中ライブドアが無線LAN無料開放を解放している
。SSIDは「free-online-ld」。基本的に認証なし。
もしWeb認証が出る場合は、IDが「01@free@lw」「02@free@lw」「03@free@lw」パスワードは「livedoor」を。 http://bit.ly/gYbSjo

つながりにくかったソフトバンクもソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で開放いたします。ご利用可能なスポットは下記の弊社HPより、ご確認ください。 http://bit.ly/drp2j4

Twitterなどでこのような情報が必要としている人々の所へ届く事を祈ります。

久保田弘信の作品ショップ







スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/374-ca7832f6
    この記事へのトラックバック


    最新記事