大地震と日本のメディア。

2011年03月12日 02:49

未曾有の大地震に対して日本のメディアは何を伝えているの。
広範囲の地震に対して少しでも正確な情報が欲しい時。

八王子地域でも電話は殆どつながらなくなり、身内や友人との連絡手段はインターネットがメインになっていた。
携帯のメールはつながらなくても、プロバイダのアドレスやhoymailなどはつながりやすかった。

停電していればテレビを見る事もできず、たよりになるのは携帯端末等を使ったネット上の情報になってくる。
そんななか、日本の公共放送は地震映像のネット上への転載を認めないと公言した。

NHK、地震映像のネット転載を認めず

少しでも多くの人が地震の状況を知る手がかりになるネットへの転載を拒否?
「NHKの媒体で見てもらうのが筋だ」と言っているそうだが、この緊急時に情報を自分の局で独占しようとする体制は信じられない。

公共放送なんでしょ。
情報を得たくて得られない思いをした人は受信料の支払い拒否した方がいい。

台風の中継で壊れやすいビニール傘をもってレポートするテレビ。
地震の中継でも最悪の場面ばかりを流す。
これが日本の大手メディアなのか。

僕たち視聴者が考えよう。

久保田弘信の作品ショップ







スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/373-4ecc01e4
この記事へのトラックバック


最新記事