アフガニスタンのこと。

2011年03月03日 05:18

我が家の引っ越しに伴い眠れる財産がいくつもでてきた。

そして、また一枚貴重な写真がでて来た。
edited-1_edited-2.jpg

アフガニスタンらしい簡素なベッド、そして隣には強面のアフガニスタン人。
実はこれ、タリバンの最高指導者オマル氏の邸宅、そして僕が座っているのはオマル氏が使っていたベッド。

アフガニスタンではいつも地元のアフガニスタン人にお世話になっている。
それは時に友人であったり、時に偶然であった人であったり。
97’からアフガニスタンに通っているが、アフガニスタン人から悪い事?をされたのはただ一度だけ。
それは去年、カブールで偽警官らしき人物に腕をつかまれ、警察に連行されたときだけ。
その時も友人が駆けつけてくれて、警察所長を怒鳴りつけてくれた。

戦争が終結する直前のカンダハル。
実はどうやってオマル氏の邸宅に入ったのか記憶がない。
カンダハルの友人Aさんは一緒にいなかった気がする。
大きな邸宅には激しい戦闘の傷跡があり、壁にはいくつもの弾痕、そして肉片があちこちに落ちていた。
「お前、オマル氏の部屋を見たいか?」と聞かれた。
勿論、見たい。
写真撮ってもいいかな?(勿論NOと言われると思っていた)
「いいぞ、どうせならオマルのベッドに座って記念写真を撮れ」
いや、恐れ多い。前回、この邸宅を訪れた時にオマル氏とすれ違っている。とは言えなかった。

見る人が見ればオマル氏のベッドだと分かる筈だが、日本人で分かる人は一人もいないだろう。
邸宅を後にする時、何故かAKを持った護衛の兵士が付いてきてくれた。
膝が震えて、うまく歩けなかったのをなんとなく記憶している。

先日、アフガニスタンの親友アジーズと話した。
娘のタヘラが6ヶ月後に結婚するそうだ。是非来てほしい!と言われた。
初めて会った時には僕に抱きついてきたタヘラ、二回目は遠くから笑顔で見つめるだけだった。
そんなタヘラの結婚式に僕は行けるのだろうか。
未だにアフガニスタンのビザ発給待ち。
常岡さんが誘拐された事で心配になるのは理解できるけど、10年以上通ってなんのトラブルもないし、何の迷惑もかけていない。
アミン大使がいてくれたらな~。アミン大使は僕にアイスクリーム奢ってくれるような気さくな大使だった。
大使館の人見てますか~?僕迷惑かけないからビザ下さいね。

友に会いに行くのも困難になるほどアフガニスタンは治安が悪化してしまったのか。

久保田弘信の作品ショップ








スポンサーサイト


コメント

  1. kita | URL | -

    Re: アフガニスタンのこと。

    久保田さんの話を聞いて僕も行こうとしたんですが・・・
    米兵の検問で止められました!
    カンダハル・・・今はどうなっているんでしょう・・・

  2. えあほーす | URL | -

    Re: アフガニスタンのこと。

    隣のアフガニスタン人 背がでかいね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/367-eb90e837
この記事へのトラックバック


最新記事