嬉しきかな友の存在よ。

2011年01月29日 05:49

引っ越しを考え始めてから街を見る目が変わった。
立派な一軒家が建ち、その隣にはワンルームの小さなアパートが建っている。
地主さんっていいな~。自分の家があるっていいな~。

最低限住む所さえあれば生きて行ける。
近年八王子あたりのアパートは供給過多で空き家が多い。
にもかかわらずフリーターの人が住もうとすると審査が通らなかったりする。

社会人として何年も家賃を払い続けてきた実績があっても「保証人」を求められる。
僕はまだ両親が生きているから良いが、働き盛りでも天涯孤独の人はどうしたら良いんだろう。
定住先がないから良い仕事につけない。良い仕事につけないから定住先が見つからない。

世の中お金持ちの子供がお金持ち。
平等なんかじゃないな~。日々思っていた。

引っ越し先のリフォームが終わり、荷物を運び込める状態になった。
友人が軽トラを貸してくれた。
違う友人が乗用車で貴重品を運んでくれた。
ダーツやのマスターが引っ越し寸前のP邸に現れ、これまた荷物を運んでくれた。

僕は決して恵まれた家庭に生まれ育っていない。
勿論、貧乏。
でも、耳がちぎれそうな寒さの中、笑顔で引っ越しの手伝いをしてくれる友がいる。
お金で買えないかけがえのない友達。

今日も明日も友人達がお手伝いに来てくれる。
引っ越し祝いは集まってくれる友達への感謝のお祝いだ。
CA3E0135.jpg
新居にて、1990年物のコンビーフと僕

久保田弘信の作品ショップ









スポンサーサイト


コメント

  1. A.Y | URL | -

    Re: 嬉しきかな友の存在よ。

    経済的に豊かな環境を生まれつきもっていなかったとしても、その人にしかない人徳とか、明るさとか、ひとなつっこさとか、才能とか、体の丈夫さとか、実はそれぞれ色々とかけがえのないものが生まれつき具わっているんですよね。

    お会いしたことないし、とっても偉そうで恐縮ですが、久保田さんは、周囲が助けたくなるような何かを生まれつき具えているのではないかと思います。他の人には持ち得ないある種の才能で、魅力ですよね。
    なんとなく、そんな気がします。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/357-53b7e803
この記事へのトラックバック


最新記事