キャノンでの忘年会

2010年12月28日 05:45

銀座キャノンで忘年会があった。
ギャラリーでの立食パーティー。200人を越える人が集まり、会場は身動きもできない程。
一部の人たちは銀座の路上でビールを片手に。

昔お世話になったキャノンを引退したスタッフと再会できるのは嬉しい。
思えば、まだ名も無き頃、若手のカメラマンだった僕の面倒をみてくれたスタッフがいた。
「キャノンのスタッフとカメラマンでゴルフをするから良かったらいらっしゃい」と声をかけてくれた昔の所長。
「いえ、僕なんか若輩者ですから」
所長「そんな事ないでしょ。みんなプロカメラマンなんだから」

昔からずっとお世話になっているキャノン。
僕はずーーとキャノンを使い続ける。

でも残念なことに近年キャノンからニコンへ鞍替えしたカメラマンも多い。
技術的な部分でニコンに変えるのは問題ないが、一部のカメラマンはキャノンのプロに対するサポートに不満を持ってニコンへ移って行った。

今日の忘年会を見てビックリした。
なんとも平均年齢が高い。
引退したキャノンのスタッフや一線を退いたカメラマンの人も多いだろうが、まだまだ現役の人でも平均年齢が高い。
キャノンのスタッフと話していると「久保っちゃんなんか一番若い世代かもね」と言われた。

カメラマンというか、写真家の人たちは自分の舞台が回ってくるのが遅い。
30代40代はひよっこと言われ、50代どころか60代になってオートフォーカスじゃなきゃピントも合わせられない世代になってからようやく舞台が回ってくるケースが多い。

早く若い世代の人たちに舞台をまわしてあげれば良いのだが、我慢に我慢を重ねてようやく手に入れた舞台を手放す人はすくない。

若くて、口がうまく、人気だけで活躍しているカメラマンも知っているが、若くて溢れる才能を持ちながらも舞台に上がれないカメラマンも知っている。
日本の写真業界全体の事を考えると、今日のような忘年会にもっと若手のカメラマンが参加できなければ未来は暗い。
僕なんか写真学校も出ていないし、有名な先生に師事した訳ではないのでJPS(日本写真家協会)に入った写真家としてはとってもアウトローは存在だ。
だからこそ思う。
もっと若い世代にチャンスを。

そして、名も無い頃から面倒を見てくれているキャノンに感謝。


久保田弘信の作品ショップ







スポンサーサイト


コメント

  1. A.Y | URL | Y5dtNUCo

    Re: キャノンでの忘年会

    分かります。
    会社組織の外側にある世界って、時間の流れ方が違ったりしますよね。

    私は大学で細々と講師をしていますが、研究者の世界も、一般社会から見るとものすごい「遅咲き」の世界です。
    大体、大学の先生って定年が普通より十年くらい遅い。頑張れば七十代まで先生でいられたりします。
    私も三十代後半ですが、立派な「若手」ですよ(笑)。
    まあ、積み重ね無しにはお話にならない世界なので仕方ないのですが、中には何十年も前の研究成果とネームバリューで威張っている人も・・。

    写真家って定年ないですもんね。
    会社だと年令と出世・引退がある程度リンクしていたりしますが、写真家は、人間関係や活躍の舞台を全部自分で切り開きながらやっていくんですもんね。
    年取っても舞台を手放せない気持ちも分かるなあ。

    でも、若手と交流するのって、実はベテラン側にとっても刺激的で有益だったりするんですよね。一緒になにかやりながら、若手が育つ・・みたいな方法がたくさんあるといいですよね。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. HIRO | URL | -

    A.Yさん

    確かに大学教授も遅咲きですね。
    写真家も何十年前の成果とネームバリューで威張っている人沢山います。
    おっしゃるようにベテランと若手が交流して次世代を作って行ければよいと思います。
    お互いプロの世界なので、良い結果を求めれば自然にお互いの知識、感性を共有できると思います。

  4. HIRO | URL | -

    Yukkoさん

    勿論!
    久保田ショップから写真集を買って頂ければ、よろこんでサインします。
    世界で一冊の写真集!と思ってもらえたら僕も嬉しいです。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/346-9619e986
この記事へのトラックバック


最新記事