アフガニスタンからの来客

2010年11月30日 15:52

日本のビザについて書いた前回の日記を見てくれた人はもうお分かりかと思うが、来客はアフガニスタンからだ。
日本のビザ

同志社大学のカリスマ教授の力でカルザイ大統領顧問のサバウン氏と今年の3月アフガニスタンでお世話になったアンサリ氏が来日した。

50以上の国を訪れ、いろんな国に友人がいるが、日本にくる事ができる友人は殆どいない。
日本で再会できた友人は欧米の人を除くと韓国人の友人だけだ。
それほど日本のビザを取得するのは難しい。

海外で親しくなった友に「インビテーションレターを書いてくれ。そしたら日本大使館へ持って行ってビザをもらうから」とよく言われるが、僕ごとき一般人が身元引受人になってもビザは発給されない。
そこそこお金を持っていて日本に来てもなんとかなりそうな友でも国籍次第でビザを取得するのが困難になってしまう。

ましてや国籍がアフガニスタンとなればビザの取得はほぼ不可能になってしまう。

今回は同志社大学の中田教授の力で二人のアフガニスタン人が来日することができた。
僕も常岡さんも長くアフガニスタンとつき合っているが、アフガニスタンの友と日本で再会するのは初体験だった。

お食事会に指定された場所はイラン料理屋さん。
少し遅刻して到着すると何故かアンサリさんがお店の前にいた。
再会を喜びあい握手をかわすと隣に座っていた老齢の紳士がサバウン氏だった。

何故外で待ったいるのか?
お店の中では女性がお腹を出してベリーダンスを踊っていたらしい。
そりゃアフガニスタン人は入れないでしょ。
常岡さん曰く「サバウン氏が切れて帰ってしまったらどうしようかと心配しましたよ」。

サバウン氏は今回常岡さんを拉致したラティフの上官にあたる人物。
常岡さんが自分を拉致したのはファティフだと話を向けたが、サバウン氏は犯行に及んだのはタリバンだと繰り返したそうだ。

そんな経緯はあるもののお食事は楽しく進み、最後に記念撮影となった。
日本でアフガニスタン人と撮る初めての写真だ。
afg001.jpg

久保田弘信の作品ショップ








冬のバーゲン、最大80%OFF
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/333-911b55b8
    この記事へのトラックバック


    最新記事