fc2ブログ

母を想う日

2022年04月20日 14:12

遠い昔の今日、母が僕をこの世に産んでくれた。
僕は水曜日、チュエーだと思っていたが、実は木曜日生まれだった。
いつに日からか、誕生日は母にありがとう!という日になった。

ずっと書こうと思っていて書けなかったことを書こうと思う。

歳をとるとできなくなること、歳をとってもできること、歳をとったからこそできること
今年になってずっとこの三つを考えている。

歳をとると体力と気力が落ちてきて、いろんなことができなくなる。
4〜5年続けているサーフィンだが、今回の人生でエアーリバースを決めることはもう不可能だと思う。
ゴルフも250〜260ヤード飛ばすことができるが、この先色々鍛えても270ヤード以上飛ばすことは不可能だと思う。
撮影に関しても山登りなど体力が必要な撮影はだんだんできなくなる。
頑張ればできるが、クオリティーが落ちるのが予想できたら、引き受けない方が良いと思っている。
歳をとるとできなくなることはとても多いと思う。

歳をとってもできること
なんだろう?
体力や気力より経験が生かされること。
カメラマンとしては20年近い経験を生かしてよりミスを少なく、よりクオリティーの高い写真を撮影できる側面もあると思う。

歳をとったからこそできること
これが一番難しい。
歳をとるとできなくなることに対して、歳をとってもできること、歳をとったからこそできることが上回っていれば
人生まだまだ輝けるような気がする。

今年、20年ぶりに銀座で写真展を開催した。
コロナでまんぼうが出されている中、びっくりするくらい多くの人が会場に来てくれた。
これは歳をとったからこそできることかもしれない。
20年前の僕は勢いはあったと思うが、今ほど多くの人との縁を持っていなかったし、長年続けてきたからこそ認められた部分もあると思う。

そのほかに、、
無理やり考えなければ出てこないけど、
諸刃の刃だけど歳をとったことで、色々なことに敏感に繊細になった気がする。
自然、季節のうつろいに敏感になり、昔なら感動しなかったことにも感動できるようになったと思う。
人間関係は、、臆病になったと思う。
それでも友がいてくれての幸せな僕の人生。

3年に及ぶ長い戦いにようやく決着がついた。
この3年間、僕を応援し、僕と友達でい続けてくれた人、お誕生日のお祝いの言葉を送ってくれた人。
皆さんに感謝。
本当にありがとう〜
そして、、もうしばらく、よろしくお願いします。



久保田弘信の作品販売ショップ









関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/2891-1e0c62f7
この記事へのトラックバック


最新記事