fc2ブログ

コロナ関連ニュースの透明化

2021年05月22日 15:15

コロナ関連ニュースに関して多くの人が恣意的なニュースになっていて信用できないと言い始めている。
毎日発表される感染者数、重傷者数に対しても「都合よくコントロールして報道してるよね〜」と言う人が多い。

コロナそのものに対する陰謀論なども多く聞かれるが、証拠がなくよくわからない。
が、コロナ関連ニュースに関しては行政側の恣意的な意図が見え隠れしているのは間違いない。

感染者数、重傷者数の発表など、GOTOキャンペーンに移行する時は「この程度なら大丈夫」ときう前提に則って発表され、マンボウや」緊急事態宣言が出される時になると「危機的状態」という大前提に則って発表されているように思える。

これは僕たちジャーナリストが思うのではなく、一般の人がテレビや新聞のニュースを見て
感染者数などを都合良い解釈のもとに発表していると感じている。感じ始めている。

各自治体によってPCR検査の検査数が違う、分母があって、感染者の数が発表されれば良いのだが、陽性者数が何%と発表されてもピントこない。
全ての数字が発表された中で専門家が分析結果を報道すれば良いのだが、全ての数字が発表されていない、
もしくは発表されていないと思われている時点で報道の信頼性がなくなってきている。

小池都知事が感染者速報にイラッ! 記者クラブに「発表は夕方」と身勝手通達し大モメ
Yahoo!ニュースとして配信されているが、オリジナルは日刊ゲンダイだというところにも注目したい。

ここに書かれているように報道によって国民の動きに変化が出るのは間違いない。
だからと言って国民に真実を伝えないとか、伝える時を遅らせるなどと言うことはもっての他だ。

そして、コロナ禍でドタバタしている間に重要な法案か可決されている。
5月11日「国民投票法の改正案 衆院 賛成多数で可決 今国会で成立へ」
大切なことが知らない間に決定されていってしまうのは怖いことだと思う。
こんな時だからこそ、「報道」が大切だし、「報道」の真価が問われると思う。



久保田弘信の作品販売ショップ

新作ネコ写真集。
新作ネコポストカード有り。






スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/2697-09edf871
    この記事へのトラックバック


    最新記事