fc2ブログ

夏休みの工作

2020年09月27日 13:47

大工の友人のお仕事を手伝った時、
大量の木っ端を見た。
「これって、もう捨てちゃうの?」と僕が聞くと、中途半端な大きさだから使い道ないんだよ。
と。
確かにプロが使うには中途半端な大きさかもしれないが、犬小屋くらいは作れそうな綺麗な木っ端だった。

僕は自他共に認める不器用で、技術の授業で作った本立ては釘がはみ出ていて、ちょっと斜めになっていた。
そんな僕だけど、木っ端が勿体無くて、何かを作ってみようと思った。
我が家でバーベキューなどやる時、人数が多くなると椅子が足りなくなることがある。
と、いうことで椅子を作ることにした。

ご近所に住むカメラマンの友人の協力を得て、制作開始。
IMG_9261.jpg
設計図も何もないが、脚が4本あれば椅子ができるだろうということで、まずは地上からの高さを設定。
wG_8528 2
普通の鋸で切るのは大変だけど、これまた、ご近所の写真スタジオから丸鋸をお借りしてきた。
人生初の丸鋸体験、最初はちょっと怖かったけど、電動工具の凄さを実感。
w_7204 2
断面も綺麗に切断できた。
w_2354 2
これまた適当につなげてみる。
wG_2541 2
座面はなんと、フローリング板の余り物。
IMG_0751_20200927133149a27.jpg
出来上がってから、気がついた。
脚を接続する部分を間違えた。
出っ張りができてしまった。
_9898 2
座ってみると、ちょっと不安定だったので、脚部に補強を

完成したものを大工の友人に見せると「おしいな〜」と。わかってます、やらかしました。
これが夏休みの工作だったら、先生に60点、か70点をつけられ、おしい!と言われるだろうと思う。

木を切る、穴を開ける、ビスを打つ。
どの作業も電動工具があるからあっという間。
1時間弱で椅子ができてしまった。

電動工具なしで作ったら、おそらく3倍くらいの時間がかかると思う。
全然関係ないが、電気、文明の力を実感した。



久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/2514-199770cb
    この記事へのトラックバック


    最新記事