fc2ブログ

「Go To トラベルキャンペーン」東京外しの悪影響

2020年07月28日 17:20

様々な問題を抱え、ルールも徹底されていないままスタートした「Go To トラベルキャンペーン」。
多くの人が、本当に今やるべきキャンペーンなのか、前倒しする必要性があったのか、そう思うキャンペーン。
そして、最悪なのは「東京外し」。
連日200人を超える感染者を出し続けた東京都を外して「Go To トラベルキャンペーン」を強行した。

税金を使ったプロジェクトで東京都民だけが利用できないのは勿論大きな問題だが、「東京外し」をしたことによって、
新たにコロナ差別が生まれ始めている。
都知事は4連休、出来るだけ自粛をと訴えかけ、官房長官は県をまだぐ移動を制限するものではないと発言。
都民はどちらに従えば良いのかもわからない状態に陥った。

「Go To トラベルキャンペーン」が「東京外し」をしたことによって、既に一部の地域で東京からの来訪はお断りします!という案内が出されていたりする。

東京都という場所がどれほど多くの地方出身者で構成されていることか。
大学であったり、就職先の企業であったり、それぞれの目的の為に地方から東京に移り住んでいる人が多い。
その多くの人がコロナの影響でGWには帰省を見送り、お盆休みはなんとか帰省したいと思っていた。
「Go To トラベルキャンペーン」の可否ではなく「東京外し」が行われたことによって、改めて帰省がしにくい状態になってしまった。

僕の田舎などはまだ緩いが、東北出身の友人などは「悪いが、お盆休みも帰省しないでくれ」と両親に言われ落ち込んでいる。
友人は東京都と言えど、神奈川の県境に近い八王子市に住んでいる。
が、東京!とひとくりにされてしまえば、地方の人からしたら、新宿も八王子も同じ東京になってしまう。

東京が世界有数の人口密集地域なのは間違いないが、東京都がどれほど広いかは意外と認識されていないと思う。
よく、東京ってのは23区のことで、八王子は東京じゃない!とバカにされてきたが、コロナ渦では一緒にされている。

昨日の「帰れマンデー」という番組で出ていた檜原村も東京の一部。
人里(ヘンボリと読む)や数馬などは過疎地域とさえいえる。
それでも東京都だから、「Go To トラベルキャンペーン」からは外される。
大島、三宅島、八丈島、小笠原などの離島も東京都。

行政区分が都と市町村で区別されていて仕方ない部分もあるとは思うが、
こと、コロナに関しては東京都!と一括りにしないほうが賢明だと思う。
東京に住んでいても詳しく知らない人の方が多いと思うが、東京都は23区以外に26もの市を抱えている。

残念なことにまだまだ続くであろうコロナ渦。
この先も東京を東京都という一括りにしてやっていくと様々な歪みが出てくると思う。

もう第二波と言っていいと思うが、第二波になってから感染者が行動履歴を隠す傾向が増えている。
過去にもブログに書いたが、政治家の発言によるコロナ差別の助長、一定の地域だけが「悪」のような扱いを続けていると、感染者は行動履歴を正直に言えなくなり、感染経路が追えなくなし、感染者が増大するという悪循環を招くことになってしまう。
「Go To トラベルキャンペーン」が勇足だったのは間違いないだろう。
その中でも「東京外し」で強行したことは近い未来に愚策だったと評価されると思う。

Online Photo Exhibition

モロッコを追加、次はウズベキスタンを追加予定。

久保田弘信の最新刊あり

久保田ショップ


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/2483-a50fe1d1
    この記事へのトラックバック


    最新記事