FC2ブログ

緊急事態宣言、解除へ

2020年05月25日 15:21

緊急事態宣言が一部解除され、残された北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都道県の解除が諮問委員会で承認され、
一ヶ月半の緊急事態宣言が解除されることになる。

正式決定は今夜の対策本部でなされるが、ここまできて、解除がなくなることはないようで、日本のメディアはお昼のニュースから緊急事態宣言解除のニュースを流している。
今日の都心の映像が出て、人出が増え、フライング解除と言っているが、ニュースもフライングっぽい。

緊急事態宣言解除は解除されるが、一部の業種を含めて自粛要請は継続される。
自粛を継続し、補償が未だ得られない業種の人たちからすれば、緊急事態宣言解除は解除?何が変わるの?
という感じだと思う。

今回、新型コロナウィルス対策で注目されたのが大阪府知事の吉村氏。
偶然だが、吉村氏も元府知事の橋下氏も弁護士の資格を持つ人。
それ故か緊急事態宣言によって国民の自由と権利を奪うことがどれだけ大変なことなのか理解しての発言が多い。

自分が生まれた国日本。
できれば、日本のリーダーがメルケル氏のように「国民の自由や権利を奪うことはとても大変なことだし、緊急事態の今だけなので、どうか協力してください」という発言が聞きたかった。

緊急事態宣言解除後も継続される自粛要請。
あくまでも要請なのだが、止むを得ず営業するお店に対して自粛警察のような人たちが嫌がらせをしてしまう日本。
そうさせているのは日本政府の対応。
自由と権利を奪う部分に対しての補償はが遅いし、不十分。

未知のウィルスに対して一生懸命やってきた自粛。
橋下氏が言うように第二波、第三波に備えて、どの自粛が実際に効果があったのか検証していく必要性があると思う。
僕はパチンコには関心がないが、散々マスコミを含めて叩いたパチンコ店の営業。
実際には集団感染は一度も発生しなかった。

この数カ月で新型コロナウィルスの特徴がさらにいくつも判明している。

集団感染からの医療崩壊は阻止せねばならない。
そのためにどんな自粛が必要なのか。
自粛に対する補償はちゃんとなされるのか。

重苦しい雰囲気の緊急事態宣言が解除されるのは間違いなくありがたい。
国や自治体の方針だけにお任せきりではなく、僕たち一人一人が考えていく必要があると思う。


Online Photo Exhibition


久保田ショップ



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/2442-6bf6f70f
    この記事へのトラックバック


    最新記事