スロビで

2010年05月23日 21:10

ジャララバードから首都カブールに向かう時スロビを通る。
2001年スロビを通った時、偽の検問がありドライバーが「止まらずに突破した方がいい」と言ったので
一気に加速して検問を突破し、後ろからAKで撃たれ怖い思いをした場所。
スロビ7

平和であればダムがあり美しい景色が見られる。
ジャララバードから乗り合いタクシーに乗った。
スロビで休憩となり、一緒に乗っていたおじさんが軽く食事をしようと誘ってくれた。
スロビでおじさんと5
仲間意識を持ってもらいたくて一緒に写真を撮ったが、本当は怖かった
今見るとやっぱり笑顔が引きつっている。

もう一人の乗客と三人で軽く食べ、お茶をする。
おじさんはファルシーが殆どダメで、パシュトゥー語で誘拐、270000ルピーなどという。
もう一人が携帯で誰かと話しをして「日本人が。。。」なんて話している。
しかも!食事が終わると僕たちが乗っていたタクシーがいなくなっている。
スロビの景色を楽しむどころではなくなってしまった。
すぐにでもダッシュで逃げたい気持ちで一杯だった。

結果、僕は誘拐されず、おじさんは悪い人ではなかったようだ。
今までだったらこんなに疑心暗鬼にならなくても良かったのだが、この数年、誘拐がビジネスになりつつあるアフガニスタンでは警戒せざるを得ない。

途中、壊れた戦車がモニュメントのようになっている場所があり、子供が戦車で遊んでいた。
タンク


久保田弘信の作品ショップ
アフガニスタンの写真集、DVDあります。









スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/243-c069ec1e
    この記事へのトラックバック


    最新記事