ジャーナリストという職業

2010年04月30日 03:09

友人である安田なつきの写真展に顔を出すために新宿へ向かった。
前回、新宿での写真展からすると格段に進歩した写真が見られた。
これからは安田なつきのようなタレント性があってみんなに好かれるジャーナリストの時代かもしれない。

早めに会場を後にするつもりだったが、なんとなく打ち上げの会場に連れて行かれてしまった。
仲間にはめられた。

2010年のアフガニスタン取材で日本の外務省の考え、日本の大手マスコミの考えが分かり、残念なことに日本という国においてフリージャーナリストの必要性に疑問符が付いてしまった。

アフガニスタンに行く前から今回の取材はけじめの取材にしようと決めてはいた。
常岡さんの誘拐というハプニングがあったにも関わらず、アフガニスタン取材結果を出す所はなく命がけの取材にも関わらず借金だけが残った。

ジャーナリストという仕事はもしかしたら天職かと思えるほど好きだ。
しかし、毎回赤字では続けることは不可能だ。
それ故、一番思い入れのあるアフガニスタンを最後の取材地に選んだ。
プロというのはその仕事で食べていける人だと僕は思う。その意味に於いて僕はプロのジャーナリストではない。
僕はいつも大手マスコミの人に「取材費だけ出してくれたらどんな危険な国でも取材に行きますよ」と言っている。
勿論、取材費は出ない。
そして、日本は多額の支援金を投じるアフガニスタンという国の情報さえいらないようだ。
誰になんと言われようと今回経験した恐怖、悲しみ、10年来の友への想いを考えると自分がしてきた事の価値を疑ってしまう。

毎日新聞のIさんは「そんあ苦悩するジャーナリストの方が信頼できる」と言ってくれた。
僕がもう表舞台に立つのはイヤだと思っているのを察した仲間達は打ち上げの会場で
「久保田さんが見てきたアフガニスタンの話しをしてほしい」と言ってくれた。
twitterやブログを見てくれている人はアフガニスタンに関心があると思うが、その他多くの人たちはどうなのだろう。
本当に知りたい人に伝えられたら良いと思う僕に、け~たろ~が「僕が会場をなんとかしますからやってくださいよ」と眼鏡の奥から熱い眼差しで、しかも大きな声で言ってくる。
安田なつきが主人公なはずなのに。。。やられた。
しかも安田なつきが「久保田さんの言葉がなかったら私は写真をやめていたし、今回の写真展もできなかった」などと大げさな事を言ってくる。

そんなわけで、東京で近々アフガニスタンの取材結果を皆さんにお伝えすると思います。

莫大な額になった国際電話代は友人がお金を貸してくれて払う事ができました。
ブログを見て写真集やDVDを買ってくれた人たちに感謝です。
もう少しだけ頑張ります。

久保田弘信の作品ショップ








スポンサーサイト


コメント

  1. いちファン | URL | -

    Re: ジャーナリストという職業

    誰かにへつらうようなことのない取材は信頼できます。
    なかなか力にはなれませんが、応援しています。

  2. usagi | URL | xeqX84xs

    Re: ジャーナリストという職業

    久保田さんのブログを拝見するようになって、
    フリーでジャーナリストをしている方の取材地へ赴くまでの経済的な苦労を実体験に基づいた形で初めて理解しました。
    それまでは伝わる一般的な情報として頭の中では理解してはいたけれど。
    それでも、人一人が【天職】と言い切れる仕事に出合える喜びや幸せの確率を思うと、是非、久保田さんには続けていただきたいと思います。無責任な言葉とは重々承知の上で言わせていただけるなら。

    日本のメディアがアフガニスタンの取材に関して必要経費を再度投入する時は、アフガニスタンにとってはまた悲惨な時であることも簡単に想像できるので、それを決して望みはしないけれど、同じ地球上で起こる全ての事象について無色透明なフィルターを通じて大衆に知らせてくれるジャーナリストの存在はいつに時代にも大きな存在であり貴重な存在だと思っています。

    P.S. 早く笑顔のニュースが届くのを待ち焦がれています…

  3. Yoko-Hi | URL | -

    Re: ジャーナリストという職業

    人は人によって支えられているものなのですね。
    取材結果はもちろん、ジャーナリストという職業にも
    目が向けられていくような社会になるといいですね・・・。
    久保田さんらしい今後の活躍をお祈り申し上げます。

  4. くにえだ | URL | Ms4I6BwE

    Re: ジャーナリストという職業

    今回の取材に関しては、このブログをずっと見てきて特別な思いがあるのだろうと察してはいました。
    個人的には、9.11以前からアフガニスタンに通っている久保田さんの、思いの詰まった話を聞くのが好きで、今回もすぐに講演会を企画しました。久保田さんのような、取材する「個」が、紛争地帯とかに生きる「個」に切り込んでいく取材は、ブログのようなメディアなり、直接話を聞くのが良いのではないかとも思うのですが、それでは生活が成り立たないし・・・・
    ボクにできることといえばせいぜい年に2回程度の講演会ぐらいだし、それも現在財政難!
    この国の国際化とは、金をばらまくだけの国際化なのでしょうか?

  5. hiro | URL | -

    いちファン さん

    ありがとうございます。
    応援してくれる人がいるのは心強いです。

  6. hiro | URL | -

    usagi さん

    【天職】は言い過ぎかもしれませんが、何故か僕は運が良くて、運に助けられて出来た取材が沢山あります。
    伝える事は大切だと思いますので、お財布の中身と相談しながら頑張りたいと思います。

  7. hiro | URL | -

    Yoko-Hi さん

    取材結果やジャーナリストに目が向く日本になってくれたらどれ程嬉しいことでしょう。
    どこまで頑張れるか分かりませんが、ジャーナリストでいる以上僕らしい取材を続けます。

  8. hiro | URL | -

    くにえだ 先生

    > 今回の取材に関しては、このブログをずっと見てきて特別な思いがあるのだろうと察してはいました。
    > 個人的には、9.11以前からアフガニスタンに通っている久保田さんの、思いの詰まった話を聞くのが好きで、今回もすぐに講演会を企画しました。久保田さんのような、取材する「個」が、紛争地帯とかに生きる「個」に切り込んでいく取材は、ブログのようなメディアなり、直接話を聞くのが良いのではないかとも思うのですが、それでは生活が成り立たないし・・・・
    > ボクにできることといえばせいぜい年に2回程度の講演会ぐらいだし、それも現在財政難!
    > この国の国際化とは、金をばらまくだけの国際化なのでしょうか?

  9. hiro | URL | -

    くにえだ 先生

    少しでも伝える機会を作ってもらえる事に感謝しています。

    日本の国際化がお金をばらまくだけでなく、国際社会の情勢を知る方向に向かう為にメディアと国民双方が目覚める必要があると思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/233-266503b7
この記事へのトラックバック


最新記事