FC2ブログ

眉村卓氏死去

2019年11月03日 16:30

突然、ネットニュースで眉村卓氏が85歳で死去されたというニュースが入ってきた。
今年に入って、僕が青春時代に読んだ本を何冊か読み返していたところだった。
僕は一度買った本を絶対に売らないので、我が家のどこかにあるはずなのに、どうしても見つからず。
諦めて、Amazonで「わがセクソイド」を購入し、昨日、読み終わったばかりだった。
IMG_5790.jpg
高校生の頃からSFにはまり、眉村卓、小松左京、半村良、筒井康隆とその作家の本を殆ど読みあさった。

眉村氏は他の作家と違って、想像つかないような世界ではなく、サラリーマンの視点から、近未来を描くことで現代社会の問題点を風刺する作風が多く、興味深かった。

その中でも高校二年生の時に読んだ「幻影の構成」は今読み返しても古い感じはせず、メディアによる市民コントロールがテーマになっている。
ジャーナリストという職業を選んで、20年ぶりに読み返してみた。
そして、宇宙を描いた「地球への遠い道」を読み、最後に昨日、「わがセクソイド」を読み終えたばかりだった。
僕が是非会いたかったSF作家の一人。

「わがセクソイド」は近未来に精巧なセクソイドロボットが作られた時代が舞台。
同じようなテーマの平井和正氏の「アンドロイドお雪」と比較すると眉村氏らしい視点から描かれている。
一度読んで、内容を知っているはずなのに、ラストシーンでは少し目頭が熱くなってしまった。

エスパーを題材にして長編の「不定期エスパー」家探しして読み返してみたいと思う。
青春時代の僕に様々な視点、世の中の矛盾を考えるきっかけをくれた眉村卓氏にお礼を言いたい。

素敵や作品を沢山、ありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/2282-c66fc338
    この記事へのトラックバック


    最新記事