常岡氏とアフガニスタンで

2010年04月19日 05:55

僕と常さんを出会わせてくれたアフガニスタン。
10数年の時を経て僕たちはアフガニスタンで会うことができた。
一足先にジャララバードの取材を終え、誘拐の恐怖に怯えながらようやくたどり着いたカブール。

常さんはホテルのロビーで僕を迎えてくれた。
その夜、みんなで食事をした。
しばらくカブールで一緒に過ごせるかと思いきや、「明日ジャララバードへ行くんですが、久保田さんも一緒にどうですか?」冗談じゃない。せっかくカブールに逃げのびてきたのに、もう寝苦しいジャララバードには行きたくないよ。
と僕。

折角アフガニスタンで出会えたのに一日だけじゃ寂しい気もしたが、それぞれ取材の目的もあるので仕方ないと諦める。
常さんがジャララバードに着いたその夕方、「こっちで大きなパーティーがあり、カブールからアフガニスタンの友人が来るので一緒に来ませんか?」と誘いが来た。
会ったこともないアフガニスタン人と夜のドライブでジャララバードに向かう?
危険度が高すぎると思った。

でも何故か僕は「わかった、行くよ!」と答えていた。
正直怖かったし、折角カブールに戻って来れたのにという思いがあった。
アフガニスタンの人たちと出会えるパーティ、危険、僕は縁と運を信じる事にした。

ジャララバード郊外、クナール川の畔で常さんと2ショットの写真を撮った。
tune04.jpg
なんでこんなポーズをしたかったのか常岡さんに聞かなきゃ。転載厳禁。

共同通信のHさんが僕に電話をくれて。
常岡さんの写真があったら提供して下さい。ちゃんと儲けて下さい。常岡さんが無事に帰ってきたら美味しい物ご馳走したら良いし、最悪の事態になったら花代にしたら良いと。
もし、俺に何かあったらその時は俺の写真で儲けてくれたら良い。とHさん。
最前線を経験したことがある人の言葉だと思う。

アフガニスタンからメールが毎日のように入ってくるが、未だ拉致したグループさえ分からない。
でも、不思議な事に現地の友人達は楽観的で「常岡解放の時には盛大なセレモニーをするからhiroもアフガニスタンに来てくれよ」なんてメールが来る。

今まで一ヶ月の平均アクセスが4~5万件だった僕のブログ。
今回の事で4月の半ばで10万アクセスを越えてしまった。
僕は金銭的には何も得しないけど、大手マスコミで伝えられない事がここで伝えられる。
常さんが帰ってきたら彼の大好きな回転寿司をおごってあげよう!

久保田弘信の作品ショップ
絶版のイラク写真集販売中








スポンサーサイト


コメント

  1. t.megumi | URL | -

    Re: 常岡氏とアフガニスタンで

    なんだかとっても楽しそうな写真ですね。
    本当に無事に帰ってこられることをお祈りします。
    先日は貴重なお話、映像をありがとうございました。日本からの支援がきちんと届かず、毛布がバザールで売りに出されているという話、とても残念に思いました。
    どうしたら届くんだろう!?
    答えを出したいですね。

  2. uraaya | URL | 06.5FlMA

    Re: 常岡氏とアフガニスタンで

    常岡さんが、早く無事に帰って来ますように。

  3. akemi sakurai | URL | HlYXEWHA

    Re: 常岡氏とアフガニスタンで

    本当に、心から常岡さんの無事を祈っています。そして、こうしてご自分の目で見た、感じられた情報を写真とともに伝えてくださる久保田さんにも感謝します。
    ねじ曲げられた、いわば異常とも思える現在の日本のマスコミに対しては危機感と恐怖さえ感じています。
    皆さんの活躍・活動を応援します。

  4. ダ | URL | -

    Re: 常岡氏とアフガニスタンで

    常岡さん、おなかのあたりにも立派なモスリムの貫禄が…。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/226-10362433
この記事へのトラックバック


最新記事