お世話になった靴

2010年04月11日 03:28

昨年に買った靴。
shose.jpg

12月友人の結婚式に出席するために香港に行ったとき右の靴紐が切れた。
僕は知るすべもなかったがその時、その時日本では祖母が天国に行った。
香港ではタクシーの中にカメラバックを置き忘れるミスを犯したが奇跡的に鞄は僕の所に戻ってきた。
靴紐が切れるなんて不幸だと思ったが、友人は僕の身代わりに切れてくれたんだと言ってくれた。

貧乏な僕は新しい靴を買うこともできず、無理矢理結んだ靴紐のまま今回のアフガニスタンにも同じ靴を履いていった。

アフガニスタンを取材中、今度は左の靴紐が切れた。
不幸を象徴するかのように怪しい警察官に捕まり、タクシーから飛び降りたときに左足の親指を骨折してしまった。

共に窮地から僕を救ってくれた幸運の靴かもしれない。
しかし、その靴もついに破れはじめてきた。
今回の取材でお役目を終える事となりそうだ。
短い間だけど、僕と共に歩んでくれた靴に感謝。
どうしよう?現役引退とはいえ捨てがたい。

久保田弘信の作品ショップ







スポンサーサイト


コメント

  1. miki | URL | -

    Re: お世話になった靴

    最近、あちらこちらで靴のクリーニングというのがあります。
    クリーニングに出して、大切になさるとよいのではないのでしょうか。
    この靴、久保田様の身を守っているような気がいたします。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/222-c0b8780a
この記事へのトラックバック


最新記事