アフガニスタンからの情報

2010年04月09日 11:09

パキスタンにいる時が一番情報が入りやすかった。
イラク戦戦争の時もそうだったが、当事国に入ってしまうと意外と情報は入りづらかったりする。

今回の事件にタリバンが関与しているかどうかは未だに分からないが、タリバンが関与しているとしたら、
情報はますますパキスタンに集中する。
日本人はタリバン=アルカイダ=テロ組織と誤解している人も多いと思う。

9・11以前にアフガニスタン全土を掌握したタリバンと現在あちこちでテロまがいの行動を起こしているタリバンは必ずしも同一ではない。
便宜上、僕はオリジナルタリバンと言っていて、現地のアフガニスタン人もよく理解してくれている。
オリジナルタリバンは誘拐、自爆テロを認めていない。
にもかかわらず、オリジナルタリバンの影響下にあるグループが誘拐をしてしまったりして、
オマル氏が「誘拐はしてはいけない」と声明を発表してる。

アフガニスタン戦争後、新たにパキスタンタリバン、アメリカタリバン(共に通称)などの新たなグループが発生し、オリジナルタリバンとは違った行動をし始めている。
オリジナルタリバンのトップクラスは殆どがパキスタン領内に潜伏している。
パキスタンに情報が集中するのもうなずける。
ダイレクトに情報を得られるのはありがたいが、直接出会いたくないタリバン関係者が接触してきてしまったので
日本への帰国を決めた。

日本に来たら情報が減ってしまうと思ったが、少なくとも3つの情報源からの情報が入ってくる。
残念ながら事件の進展性を示す情報は皆無。
帰国後も番号通知不可の携帯に出る、英文のメールを読毎日が続いている。
今回の事件の情報が入ってくるのは僕ともう一人の日本人の所。
僕一人でないのが唯一の救いだが、人命に関わる情報を毎日のように受け取るのは胃が痛い作業だ。

久保田弘信の作品ショップ



スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/221-50b12924
この記事へのトラックバック

常岡浩介氏のアフガニスタン報告

写真は相模川の猫です。 常岡さんの娘?カンダタミさんはお元気でしょうか。 YouTube 常岡浩介氏のアフガニスタン報告(1) http://www.youtube.com/watch?v=TW00q7ltDOU&feature=watch_response_rev フォトジャーナリスト・久保田弘信 公式ブログ http://kubotahirono...



最新記事