FC2ブログ

大自然の中へ

2019年07月09日 17:44

初めて撮影の仕事を頂いた写真館が我が家から20キロくらいの場所だった。
「撮影データはファイル便か何かで送っていただければいいですよ」
と、電話で言ってもらった。

フィルム時代ではあり得ないことが、現代では可能になった。
僕は古い人間なので、電話とメールだけでのお仕事が得意ではない。
と、いうことで、直接撮影データを届けに行った。

写真館から車で10分も走れば、僕が時々行く渓流に行ける。
最近、サーフィンばかりで、山に行っていなかったので、ちょっと山に入ってみた。
IMG_8058.jpg
東京都でも、こんな綺麗な清流に出会うことができる。
IMG_8059.jpg
綺麗なヤマメが釣れた。
雨が続いたことで、崖崩れが起きていて、いつもと違うポイントに入った。
滝があって、これ以上進めない。
川から上がろうと思ったが、、
IMG_8060.jpg
結構な絶壁だった。
雨の後で、地面がぬかるんでいて、這い上がるのが大変。
ボルダリングとかやっている人なら、指先の力で小さな岩をきっかに上がっていくんだろうな〜。
などと想像しながら、なんとか脱出。

サーフィンも渓流釣りも、自然の中での人間の弱さ、小ささを実感させてくれる。
そして、両方とも経験を積めば積むほど、危険さを実感する。

昔は、、怖さを知らずに何でもトライしてたけど、、最近は怖さを実感しながらトライするようになっている。
写真も同じかも。
若い頃は無謀で、それ故に撮影できた写真もある。
歳とともに、写真、スポーツ、人への関わり方が変わってきていると思う。
体力的には若い頃にはかなわないが、年齢を重ねたから見えるものもある。
後、何年現役で居られるかわからないが、全てのこと、その時の自分の全力でやっていきたいと思う。


久保田弘信の最新刊「世界のいまを伝えたい」あり

久保田ショップ



その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/2192-603315f4
    この記事へのトラックバック


    最新記事