FC2ブログ

夢はワインバー

2018年07月26日 12:20

僕の人生、後二つ叶えたい夢がある。
その一つはワインバー(ギャラリーバー)を作ること。

日本の写真ギャラリーは大体が10時〜18時。
2週間写真展を開催しても、多くのサラリーマン、OLの人は平日に写真を見に来ることができない。
週末はというと、それぞれの予定があったりして、ギャラリーに足を運ぶのが難しい。

以前、恵比寿のバーで写真展をしたことがある。
日々、仕事終わりの人がやって来て、写真を見ながら一杯やっていく。
それは僕が思う、理想のギャラリーだ。

僕はワインが大好きだし、いつの日か自分の、自分の友人の写真を展示しながら一杯やれるワインバーを作りたいと思っている。
が、もちろん、資金もないし、まだまだ海外取材もしたいと思う僕には不可能。

そんな時、我が家の近所に友人がお店をオープンした。
近所も近所。
歩いて3分。
ダッシュすれば1分以内に着ける場所。

友人って言っても、過去に3〜4回会ったことがあるだけのダーツ仲間。
37389940_1061662230653715_3933145958061178880_n.jpg
IMG_8646.jpg
こんな美味しい、お肉の塩ずけを食べさせてもらった。

現時点では裏メニュー。

共通のダーツ仲間と飲みに行き、壁空いてるよね〜。写真飾らない?
と軽く言って見たら、、現実味を帯びて来た。
IMG_5729.jpg

友人がどんな写真が好みかわからないので、とりあえず額に入った写真を5点持って行ってみた。

友人曰く、壁に何枚も飾るんじゃなくて、一点だけ飾る方がインパクトあるかも!
と。
確かに、贅沢な展示だと思う。
37755953_1067190223434249_7660888137438068736_n.jpg
今はカウンター脇のテーブルに写真とポストカード、写真集を置いてくれている。

「この前もお客さんが写真集見て行ってくれたよ〜」
普段、写真に触れる機会がない人たちが、飲みに行ったついでに写真を見てくれる。
僕の理想形だ。

長年、八王子に住んでいるけど、生まれ故郷ではない。
僕がお店をやるのは、そんな簡単なことではないと思う。
地元に多くのネットワークを持つ友人がお店をオープン。
そこに写真を展示してもらうことで、夢の一部がかなった気がする。


久保田ショップ





スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/2045-e0287fb5
    この記事へのトラックバック


    最新記事