FC2ブログ

フジコ・ヘミング

2018年06月14日 15:56

いつものようにテレビをあまり見ない僕が偶然テレビを見た。
僕が全く知らないフジコ・ヘミングというピアニストが出ていた。

黒柳徹子だから聞き出せるフジコ・ヘミングからの言葉。
ちょっと見入っていると、生でピアノを演奏してくれるらしい。
出かける時間を遅らせ、見守る。

曲はドビュッシーの月の光。
フジコ・ヘミングは言う、「ベートーベンとか〇〇とかつまらないけど、ドビュッシーは楽しい」と。
普通の人が言えば、大変なことになりそうだが、彼女なら許される気がする。

音楽は聴くのが専門で、ピアノは弾きたいと思いつつ、現在を迎えてしまっている僕だが、ドビュッシーは一番好きだ。
伝統的な手法を打ち破ったドビュッシーの旋律。
印象派と言われるのも分かる気がする。

IMG_5629_2018061415321991c.jpg
テレビでの生演奏で、ドビュッシーの月の光を選んだ、その選択がフジコ・ヘミング。
IMG_0843.jpg
聞こえてくる旋律と、その指先を見て、感動してしまった。

ちょっと照れ屋なフジコ・ヘミング。
気持ちは16歳の少女のままと言う。
その目線から、本当にこの人は少女の気持ちのままだと思う。
一人の写真家としてレンズを向けてみたい人だ。

彼女に2年間密着したドキュメンタリー映画があるらしい。
見てみたいと思う。
彼女の数奇な人生は、、その時まで知らずにいようと思う。

そして彼女の生演奏を是非、聞いて見たいと思う。



久保田弘信の作品ショップ



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/2028-93dda4de
    この記事へのトラックバック


    最新記事