ジャララバード郊外の村

2010年03月27日 13:15

ジャララバード郊外の村を訪れた。
ウエディングがあるというので連れて行ってもらったが、
いつもの如くご飯を食べるだけだった。
しかも、今回は普通の家に10人程が集まって
一緒に食事をしただけだった。

食後、庭に出てチャイ。
ふと横を見るとスコープ付きのスナイパーライフルが
置いてあった。
マジ!カラシニコフは何度も見たけどこんなライフルを
見るのは初めてだ。

hiro7.jpg

持たせてもらう。重い。
スコープはかなり高性能。
これが弾だと見せてくれた。
小さな鉛弾。日本にもあり競技用のAIRガンと同じ弾だ。

僕が興味を示していると撃たせてくれた。
小さな石を的にして、あれを撃って見ろ!という。
こうやって構えるんた!と教えてくれる。

釈迦に説法。
スコープがアジャストされているとこを祈りつつ撃つ。
負けず嫌いのアフガニスタン人が、もっと小さい石を的にトライ。
誰も当たらない。僕にトライさせて!と言うのを我慢。
この大きさは当たらないよ、とみんなが諦め、hiroできるか?
と。任せなさい!これで外れたら恥ずかしい。
呼吸を止め、慎重にトリガーを引き絞る。
見事にヒット!
さすがにこれにはアフガニスタン人まビックリ!

早くイスラム教徒になれ!
そしたらオマル氏の元でムジャヒディンとして戦えるぞ!
目の前にはタリバンの元幹部もいる。
まんざら冗談に聞こえないのが怖い。

戦争は嫌いだから。と丁寧にお断わりする。





    
スポンサーサイト


コメント

  1. アニラ | URL | INTzS.n2

    Re: ジャララバード郊外の村

    アフガニスタンのウエディングってどんなだろう?
    モスクでするのが一般的なのかな?

    一般家庭で、スナイパーライフルですか!
    でもって、石ころを狙って撃って遊んでる…?
    久保田さんの順応性、凄すぎる。

  2. HIRO | URL | -

    アニラさん

    都会だとセレモニーホールに人が集まって食事をします。
    日本のように余興や、スピーチはないです。

    鉛弾ですが、火薬を使っていないので、
    対したことはないです。
    昔カレンゲリラの人に撃ち方教わりました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/199-8d6fa02a
この記事へのトラックバック


最新記事