FC2ブログ

週刊新潮

2018年03月02日 00:47

IMG_5891.jpg

今週号の週刊新潮にイエメンの記事を掲載してもらった。

前回のクルディスタンの写真と違って、最前線の写真はない。
写真としては決して強くない。
それでもグラビアデスクはイエメン取材の希少価値を分かってくれて、編集長に全力でプッシュしてくれたらしい。

帰国後、すぐにTBSラジオのセッション22でイエメンの特集を組んでもらった。
そして、紙媒体として週刊新潮が見開き2ページを割いてくれた。

大手メディアとしては残るはテレビ。
イエメン取材の希少価値、取材の難しさは理解してもらえたが、オンエアーには届かなかった。
(まだ諦めてないけど)

イエメンは取材が難しく、世界から見放されつつある。
それ故、支援は届かなく、総人口の三分の一が支援を必要としている状態。
僕が訪れた時も6ヶ月と3歳の子どもが凍死してしまっていた。

報道がなければ、失われていく命をつなぎとめることもできない。
一番影響力のあるテレビで、、ほんの少しでも報道できたら、と思う。

想いを繋いでくれたラジオと雑誌の担当者には心から感謝します。


久保田ショップ



スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1971-6c3ca065
    この記事へのトラックバック


    最新記事