FC2ブログ

サーフィン仲間

2017年12月19日 00:17

この2年ほど日本でサーフィンをするようになった。
IMG_4558.jpg
ダーツ仲間でサーフィンをする人がいて、一緒にサーフィンをするようになり、市場のサーフィン仲間を紹介してもらい、
タイミングさえ合えば、月曜日は床屋の友人と、水曜日は市場の友人とサーフィンに行くようになった。

サーフィンそのものがとても楽しくてハマったのもあるが、この2年、多くの友を亡くし、ともすれば鬱ぎこみがちになってしまうが、大自然の中で波と戯れると、ちょっと心落ち着くこともあって、ますますサーフィンにハマった。

ようやくテイクオフができ、ちょっと横に滑れるようになり始めたばかりの初心者だけど、ベテランのサーフィン仲間が一緒に海に行ってくれるのはとても嬉しい。
DSCN3634_201712182357215f4.jpg
(念願のゴールドコーストでも波に乗ることができた)

2017年もそろそろ乗り納めの時期。
床屋さんの友人のお友達に海で出会った。
何度か挨拶したことはあるが、ロングボーダーなので海の中で一緒になったことはない。
「久保田さん、いつもFB拝見してますよ〜」と言ってくれて、僕の名前を覚えてくれていたことに感謝。
そして、なんだかとっても嬉しかった。

最近、よく一緒にサーフィンしている市場仲間のYさん。
初めてあった時は茶髪でめちゃサーファーっぽく、そして、あまり喋らない人だったので、、ちょっととっつきにくい!
と思っていた。
そんなYさんも何度も一緒にサーフィン行くうちに、気軽に話してくれるようになってきた。
僕とほぼ同年代、話せばとっても気さくで優しい人。

そんなYさんが先日初めて話の中で「久保田さんもできますよ〜」と初めて僕の名前を呼んでくれた。
その前から、サーフィンの行き帰りで大笑いして話していたけど、僕の名前が呼ばれることはなかった。
初めて久保田さん!と呼ばれ、これで友として認められたかな〜。って感じで、これまたとても嬉しかった。

レースもダーツも、サーフィンも趣味を通じて知り合えた友が多い。
いつも僕の周りにはいろんな人がいるね〜!と言ってくれる人が多いが、実は僕、いつも孤独感を味わっていたりする。

サラリーマンじゃないから、しばらく顔を見なくても、また海外に行っているのかな〜と思われがち。
東京で一人暮らし、フリーカメラマン。
孤独死したら、、何日後に発見されるのかな〜。と思ったりしてしまう。

今だったら、サーフィン仲間が一番に発見してくれるかも。
趣味を通じて、誰かと繋がっていられることが嬉しい。
そして、今はサーフィンが一番好き。

ちょいと早いけど、新年も健康で、サーフィンできる自分でいたいと思う。


久保田ショップ

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1909-7ab3142f
    この記事へのトラックバック


    最新記事