引き裂かれた難民

2017年08月31日 22:09

シリアの内戦から逃れ多くの人が難民として周辺諸国へ移り住んだ。
日本でもヨーロッパの国々、とりわけドイツを目指す難民のことが報道された。
しかし、未だ多くの難民が想像を絶する苦しみの中で生活している。

シリアから国境を越え、ヨルダンやトルコやイラクへ逃れる。
その時、既に国境などで賄賂を要求される。
せっかく逃れた上記の国々でサポートが受けられず、戦闘が続くシリアに戻っていく人も多い。

ヨーロッパを目指すにはさらにお金が必要。
そして、海を渡る命がけの行動となる。

トルコからギリシャまで行けば、ドイツやフランスなどの国まで行けると思っていたシリア難民。
ヨーロッパの難民受け入れも限界に達し、多くの難民がギリシャの島やアテネで足止めをくらっている。

トルコに残ったままの難民、ギリシャへ行けた難民、ドイツまでたどり着いた難民と家族も引き裂かれてしまっている。

僕が3年前からお付き合いしているシリアのデリゾール出身の難民。
今年、訪れると父親は他界してしまっていた。
弟は双子。
中のいい双子だが、一人はトルコに残り、もう一人はギリシャで暮らし、家族がバラバラになってしまっている。

日々電話で話はしているものの、ネット回線は非常に悪く、家族の顔を見るのは簡単ではない。
そんな家族のために、トルコからギリシャまで僕がビデオメッセージを届けた。
IMG_4307.jpg
ギリシャでは男二人暮らし。
それでも初めて会う僕にマックルーベを作ってくれた。
IMG_5830.jpg
僕、本当はナス嫌いなんだけど。。
IMG_5774.jpg
双子の弟が一生懸命作ってくれた。

弟のアモー。
トルコにいる時は1日13時間働いて給料は30リラだったらしい。
それでもトルコでは働けたからよかった。
ギリシャでは働けないから、毎日寝てるだけだよ!と話す。

兄貴は英語が堪能だが、弟は殆ど英語が話せない。
たまたま兄貴がちょっと熱を出してしまったため、弟にサロニキの観光案内をお願いした。
IMG_8366.jpg
言葉通じないし、どうしよう!と思っていたが、心つながれば言葉も通じるって感じ。
こんな生活を1ヶ月も続けたら、僕のアラビア語はかなり上達すると思った。

日本に帰国して2週間。
突然、日本時間の23時過ぎにメールが入った。
Hello how are you. ... Sweden has chosen me and accepted my asylum
me and my brother

スエーデンへの移住が決まったらしい。
なんと嬉しい!
すぐにメッセンジャー経由で電話するも、回線が悪く、少し話しただけで切れてしまった。
その後に、こんなメッセージ
Did not you get married?😊😊😊😊

ほっとけ!
もう一家族、先日スエーデンへ着いたシリア難民もいる。

今度はスエーデンでシリア料理を振る舞うよ!と言ってくれる友。
どこかで時間を作って会いに行こうと思う。

かなり狭き門をくぐり抜け、スエーデンへ行けることになった友。
多くの難民が家族と引き裂かれ、故郷へ帰ることもできず暮らしている。
そんなことを少しでも知ってもらいたい。

久保田弘信の作品ショップ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1863-22cb8eb6
    この記事へのトラックバック


    最新記事