灼熱のアテネ

2017年07月01日 22:14

前回アテネに来たのはいつだっただろう。
今回は前回以上に暑い気がする。

予定より早くアテネに着いたので、ホテルの到着した時、チェックインまでまだ1h40m程待たなければならなかった。
機内であまり眠れなかった僕は到着してすぐ2~3時間寝て、行動を開始しようと思っていたのだが、、。
仕方なく、荷物を預け灼熱のアテネへ繰り出す。

ネットで安いホテルを予約していたのだが、その正確なロケーションがわかっていなかった。
来る途中の車から見た感じで前回泊まったオモニアスクエアに近いことはわかっていた。
ホテルから出て、曲がる角を写メる。
それでも迷子になって、ホテルの場所を地元の人に聞いてしまった僕。
IMG_0860.jpg
オモニアスクエアというアテネの中心部の駅近くでもシャッター街が広がっている。
IMG_0031.jpg
いつ頃まで、このゲーセンにお客さんがいたのだろう。

前回泊まったホテルが徒歩圏内とわかり、懐かしくて行ってみた。
小さいけど、窓があり、テラスから協会が見えていいホテルだった。
感傷にふけっている時間は15分ほどにして、今日の最初のミッション。
携帯のシムを手に入れる。

近所の携帯屋さんに行きシムを買おうとしたが、売っていない。
「そこを曲がって地下鉄の入り口で売っているよ」と教えてくれた。
行って見ると赤いTシャツを着たボーダフォンのシムを路上で売っている人がいた。
大丈夫?と思ったが、ボーダフォンから派遣された正規の売り子さんで、シムも本物だった。
その場でパスポートを携帯電話で写メ。それをメールで送って、書類は全部書いてくれて。
シムを入れ、アクティベートまでしっかりやってくれた。

23歳の青年スタッフ。
ギシリャ人としてはとても英語が上手な感じ。
観光客相手の商売以外の40代以降のギリシャ人はびっくりするくらい英語が話せない。
若い世代だから英語が上手なのかな~?と聞いて見ると、「僕はアルメニア人なんですよ」と答えが返ってきた。
ヨーロッパはつながっているんだと改めて感じた。


久保田ショップ


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kubotahironobu.blog53.fc2.com/tb.php/1818-457c6f58
    この記事へのトラックバック


    最新記事